電子書籍 「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました(大和書房) 文芸・小説

著者: 田房永子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました あらすじ・内容

幼少期から母親の過干渉に苦しみ、10代から痴漢被害に遭い、20代でセクハラを受け、30代で娘を出産した著者。「娘はかわいくないけど息子はかわいい」と知人が発言した時も、「母親に、兄弟と差別されてつらかった」と取材先で聞いた時も、母親たちの""悪行""に憤り、男たちを憎んではいるが、その二つは別々のことで、どこか他人事だった。
しかし、著者が妊娠した第二子が「男」と判明。
男を憎んだまま、男の子を育ててはいけない!

日本の男尊女卑社会に、母として、妻として、女として怒り、自らの「男性観」を矯正すべく奮闘した1年間の記録。

この作品を共有

「「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました(大和書房)」最新刊

幼少期から母親の過干渉に苦しみ、10代から痴漢被害に遭い、20代でセクハラを受け、30代で娘を出産した著者。「娘はかわいくないけど息子はかわいい」と知人が発言した時も、「母親に、兄弟と差別されてつらかった」と取材先で聞いた時も、母親たちの""悪行""に憤り、男たちを憎んではいるが、その二つは別々のことで、どこか他人事だった。
しかし、著者が妊娠した第二子が「男」と判明。
男を憎んだまま、男の子を育ててはいけない!

日本の男尊女卑社会に、母として、妻として、女として怒り、自らの「男性観」を矯正すべく奮闘した1年間の記録。

「「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました(大和書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
大和書房
ジャンル
文芸・小説 エッセイ 暮らし・健康・子育て
ページ数
313ページ (「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました)
配信開始日
2019年6月23日 (「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad