電子書籍 ナイト家のスキャンダル 文芸・小説

著者: イヴォンヌ・リンゼイ  翻訳者: 庭植奈穂子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

秘書とボスのクリスマス あらすじ・内容

ゴージャスなボスに一目で恋に落ちた秘書のホリー。クリスマスの晩、セクシーな深紅のドレス姿にたちまち魅了されたボスと、彼のオフィスで夢の時を過ごす。

ホリーは3歳のとき、クリスマスイブに母親に捨てられ過酷な子供時代を過ごした。けれど、アルマーニのスーツを着こなすゴージャスなボスのコナーにひと目で恋におちた瞬間から、人生はきらきらと輝きだした。クリスマスイブ、会社のパーティに出席するためセクシーな深紅のドレスに着替えを済ませたホリーは、苦い離婚以来、女性を寄せつけなかったコナーの言葉にとまどった。「ホリー、きみは……すばらしい」ボスにエスコートされ、会場へ向かうホリーには想像もできなかった――便利な機械のような秘書にすぎない自分が数時間後、彼のオフィスで夢の時を過ごすことになろうとは。■憧れのボスと恋に臆病な秘書の、めくるめくイブ。ミニシリーズ〈ナイト家のスキャンダル〉は、華麗なる大富豪3兄弟のセンセーショナルな恋を、北米で人気急上昇中イヴォンヌ・リンゼイが描く3部作です。

この作品を共有

「ナイト家のスキャンダル」最新刊

貧しさから抜け出すため、老いた富豪の花嫁となる道を選んだヘレナは結婚式前夜、車のスリップ事故で川に転落してしまった。死を覚悟した瞬間、通りかかった男性が彼女を助け出してくれた。明日、私は自らをお金と引き換えに売り渡す。だから一夜の夢でいい。ヘレナは名も知らぬセクシーなその男性を求め、情熱を分かち合った。12年後、勤務する会社を救うべく、ヘレナは運輸業界の大物社長で、あの思い出の一夜限りの男性、メイソン・ナイトのもとを訪ねる。そして重大な秘密を打ち明けた――彼こそが息子の本当の父親なのだと。すると、メイソンは憤怒の形相で彼女を睨みつけた。「きみはいままで、何人の男とベッドをともにしてきた?」■億万長者3兄弟のセンセーショナルな恋を描くミニシリーズの最終話です。一夜限りの関係がもたらした数奇な運命とは?情熱と憎しみが交錯する、波瀾の展開に目が離せません!

「ナイト家のスキャンダル」作品一覧

(3冊)

各660(税込)

まとめてカート

ホリーは3歳のとき、クリスマスイブに母親に捨てられ過酷な子供時代を過ごした。けれど、アルマーニのスーツを着こなすゴージャスなボスのコナーにひと目で恋におちた瞬間から、人生はきらきらと輝きだした。クリスマスイブ、会社のパーティに出席するためセクシーな深紅のドレスに着替えを済ませたホリーは、苦い離婚以来、女性を寄せつけなかったコナーの言葉にとまどった。「ホリー、きみは……すばらしい」ボスにエスコートされ、会場へ向かうホリーには想像もできなかった――便利な機械のような秘書にすぎない自分が数時間後、彼のオフィスで夢の時を過ごすことになろうとは。■憧れのボスと恋に臆病な秘書の、めくるめくイブ。ミニシリーズ〈ナイト家のスキャンダル〉は、華麗なる大富豪3兄弟のセンセーショナルな恋を、北米で人気急上昇中イヴォンヌ・リンゼイが描く3部作です。

グウェンの婚約パーティ会場に、社交界の人気者デクラン・ナイトが現れ、その黒曜石のような冷たい瞳で彼女をとらえた。今やプレイボーイとして名を馳せる彼は、以前とはまるで別人だった。8年前、恋人を亡くした悲しみをまぎらすため、デクランは私を抱いた。情熱の余韻が消え去ると態度を一変させ、私をふしだらだと罵った……。屈辱的な記憶を押しやり、グウェンは深呼吸した。早く言わなきゃ――婚約者スティーヴが私の全財産を持ち逃げしたという、前代未聞の醜聞を。人々が期待に目を輝かせる。だが、青ざめ、身をこわばらせた様子は幸せいっぱいな未来の花嫁に見えるはずがない。そのときデクランが、突然グウェンの手を取り、優しくキスをした。「僕は幸運な花婿です」場内はどよめきと歓声に包まれた。■〈ナイト家のスキャンダル〉は、華麗なる名門大富豪3兄弟のセンセーショナルな恋を、北米で人気急上昇中イヴォンヌ・リンゼイが描く3部作。『秘書とボスのクリスマス』に続く2話目です。

貧しさから抜け出すため、老いた富豪の花嫁となる道を選んだヘレナは結婚式前夜、車のスリップ事故で川に転落してしまった。死を覚悟した瞬間、通りかかった男性が彼女を助け出してくれた。明日、私は自らをお金と引き換えに売り渡す。だから一夜の夢でいい。ヘレナは名も知らぬセクシーなその男性を求め、情熱を分かち合った。12年後、勤務する会社を救うべく、ヘレナは運輸業界の大物社長で、あの思い出の一夜限りの男性、メイソン・ナイトのもとを訪ねる。そして重大な秘密を打ち明けた――彼こそが息子の本当の父親なのだと。すると、メイソンは憤怒の形相で彼女を睨みつけた。「きみはいままで、何人の男とベッドをともにしてきた?」■億万長者3兄弟のセンセーショナルな恋を描くミニシリーズの最終話です。一夜限りの関係がもたらした数奇な運命とは?情熱と憎しみが交錯する、波瀾の展開に目が離せません!

「ナイト家のスキャンダル」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・ディザイア
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸・小説 ハーレクイン(小説)
ページ数
196ページ (秘書とボスのクリスマス)
配信開始日
2012年10月11日 (秘書とボスのクリスマス)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad