電子書籍 髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)(PASH! ブックス) ラノベ

無料あり
著: 三国司  イラスト: アオイ冬子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)〈試し読み増量版〉 あらすじ・内容

※こちらは無料の〈試し読み増量版〉で紙本の40ページ程までお楽しみいただけます。
※通常版は2019年6月28日発売です。


「見つけた。君が僕の番なんだね」

容姿端麗で紳士的――まるで王子様のような竜人の騎士・レイに宣言された髪結師のメイナ。
仕事一筋でずっと恋人もいなかった私が、この人の運命の相手?

戸惑いながらも彼の真摯さと熱心なアプローチに心を動かされかけたある日、
レイから再び衝撃の告白が!「人違いだった。君は僕の番じゃない。今までのことは忘れてほしい」

…自分の番を間違えるってどういうことなの!?
憤慨しつつも虚しさを抱くメイナだが、とある事情からレイの暮らす隣国へ赴くことになり…。

気まずさ全開の再会から始まる(?)お仕事女子と竜人の異種族恋愛譚。


【登場人物紹介】

◆メイナ
ミュラン王女パトリシア専属の髪結師。
恋人を作る暇もないほど自分の仕事に情熱を注ぎ
「髪の変態」呼ばわりされるほど。
バクスワルド王に嫁ぐパトリシアの付添として、
自分をふった張本人・レイの住む隣国に向かうが…。


◆レイ
竜の国・バクスワルドの王に仕える騎士。
竜人という種族で、金色のドラゴンに変身できる。
パトリシア王女に付き従い、自国にやって来た
メイナを遠ざけるそぶりを見せるものの、
なぜか彼女の動向を何かと気にかけている。

この作品を共有

「髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)(PASH! ブックス)」の無料作品

「髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)(PASH! ブックス)」最新刊

※電子版は書き下ろしショートストーリー「花言葉」の特別付録つきです。
※紙本の40ページ程までお楽しみいただける無料の〈試し読み増量版〉も限定配信中です。

「見つけた。君が僕の番なんだね」

容姿端麗で紳士的––まるで王子様のような竜人の騎士・レイに宣言された髪結師のメイナ。
仕事一筋でずっと恋人もいなかった私が、この人の運命の相手?

戸惑いながらも彼の真摯さと熱心なアプローチに心を動かされかけたある日、
レイから再び衝撃の告白が!「人違いだった。君は僕の番じゃない。今までのことは忘れてほしい」

…自分の番を間違えるってどういうことなの!?
憤慨しつつも虚しさを抱くメイナだが、とある事情からレイの暮らす隣国へ赴くことになり…。

気まずさ全開の再会から始まる(?)お仕事女子と竜人の異種族恋愛譚。


【登場人物紹介】

◆メイナ
ミュラン王女パトリシア専属の髪結師。
恋人を作る暇もないほど自分の仕事に情熱を注ぎ
「髪の変態」呼ばわりされるほど。
バクスワルド王に嫁ぐパトリシアの付添として、
自分をふった張本人・レイの住む隣国に向かうが…。


◆レイ
竜の国・バクスワルドの王に仕える騎士。
竜人という種族で、金色のドラゴンに変身できる。
パトリシア王女に付き従い、自国にやって来た
メイナを遠ざけるそぶりを見せるものの、
なぜか彼女の動向を何かと気にかけている。

「髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)(PASH! ブックス)」作品一覧

(2冊)

0〜1,100(税込)

まとめてカート

※こちらは無料の〈試し読み増量版〉で紙本の40ページ程までお楽しみいただけます。
※通常版は2019年6月28日発売です。


「見つけた。君が僕の番なんだね」

容姿端麗で紳士的――まるで王子様のような竜人の騎士・レイに宣言された髪結師のメイナ。
仕事一筋でずっと恋人もいなかった私が、この人の運命の相手?

戸惑いながらも彼の真摯さと熱心なアプローチに心を動かされかけたある日、
レイから再び衝撃の告白が!「人違いだった。君は僕の番じゃない。今までのことは忘れてほしい」

…自分の番を間違えるってどういうことなの!?
憤慨しつつも虚しさを抱くメイナだが、とある事情からレイの暮らす隣国へ赴くことになり…。

気まずさ全開の再会から始まる(?)お仕事女子と竜人の異種族恋愛譚。


【登場人物紹介】

◆メイナ
ミュラン王女パトリシア専属の髪結師。
恋人を作る暇もないほど自分の仕事に情熱を注ぎ
「髪の変態」呼ばわりされるほど。
バクスワルド王に嫁ぐパトリシアの付添として、
自分をふった張本人・レイの住む隣国に向かうが…。


◆レイ
竜の国・バクスワルドの王に仕える騎士。
竜人という種族で、金色のドラゴンに変身できる。
パトリシア王女に付き従い、自国にやって来た
メイナを遠ざけるそぶりを見せるものの、
なぜか彼女の動向を何かと気にかけている。

※電子版は書き下ろしショートストーリー「花言葉」の特別付録つきです。
※紙本の40ページ程までお楽しみいただける無料の〈試し読み増量版〉も限定配信中です。

「見つけた。君が僕の番なんだね」

容姿端麗で紳士的––まるで王子様のような竜人の騎士・レイに宣言された髪結師のメイナ。
仕事一筋でずっと恋人もいなかった私が、この人の運命の相手?

戸惑いながらも彼の真摯さと熱心なアプローチに心を動かされかけたある日、
レイから再び衝撃の告白が!「人違いだった。君は僕の番じゃない。今までのことは忘れてほしい」

…自分の番を間違えるってどういうことなの!?
憤慨しつつも虚しさを抱くメイナだが、とある事情からレイの暮らす隣国へ赴くことになり…。

気まずさ全開の再会から始まる(?)お仕事女子と竜人の異種族恋愛譚。


【登場人物紹介】

◆メイナ
ミュラン王女パトリシア専属の髪結師。
恋人を作る暇もないほど自分の仕事に情熱を注ぎ
「髪の変態」呼ばわりされるほど。
バクスワルド王に嫁ぐパトリシアの付添として、
自分をふった張本人・レイの住む隣国に向かうが…。


◆レイ
竜の国・バクスワルドの王に仕える騎士。
竜人という種族で、金色のドラゴンに変身できる。
パトリシア王女に付き従い、自国にやって来た
メイナを遠ざけるそぶりを見せるものの、
なぜか彼女の動向を何かと気にかけている。

「髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)(PASH! ブックス)」の作品情報

レーベル
PASH! ブックス
出版社
主婦と生活社
ジャンル
ライトノベル ファンタジー
ページ数
47ページ (髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)〈試し読み増量版〉)
配信開始日
2019年6月19日 (髪結師は竜の番になりました(やっぱり間違いだったようです)〈試し読み増量版〉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad