電子書籍 遠い昔のあの声に(ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ) 文芸・小説

著者: ノーラ・ロバーツ  翻訳者: 上村悦子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

放蕩息子の帰還 あらすじ・内容

十年ぶりに町に戻ってきたレイフは、幽霊屋敷を買い取り、ホテルに改装することに。骨董品店を営むというリーガンに魅せられ、家具の調達を依頼した。

レイフ・マッケイドが十年ぶりに帰ってきた! 町はその話でもちきりだった。 手に負えない極道者。悪魔の美貌を持つ男。 南部で財を蓄え、あのバーロウ邸を買ったという。 バーロウ邸といえば、幽霊がすむ館。 改装して、旅館に? そんなこと……。 だが、堅気になったレイフは、 固い決意をもってバーロウ邸を買ったのだった。 亡霊たちとうまく折り合ってみせるさ。 久しぶりに見る町は変わっていなかった。 見知った顔ばかりだ。一人だけ、初めて見る女が── 骨董品店を営むという小粋な女。 レイフは彼女に、屋敷に入れる家具の調達を依頼した。

この作品を共有

「遠い昔のあの声に(ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)」最新刊

マッケイド四兄弟の長男ジェイリッドは、 法廷で圧倒的な存在感を持つ弁護士だ。 その際だった容姿に、多くの女性はため息をもらす。 だが今、ジェイリッドはいらだっていた。 父親が死んで遺産を残された女性が近くに住んでいる。 相続のことで連絡をとろうとしているのに、 はじめから無視されてしまったのだ。 しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、 彼は美しさに思わず見とれた。 サバンナのほうも不仲だった父親の話にうんざりして ジェイリッドにそっけない態度をとったものの、 彼の魅力的な目と、はっとするようなほほえみに、 かつてないほど心が騒いでいた……。

「遠い昔のあの声に(ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)」作品一覧

(2冊)

各660(税込)

まとめてカート

レイフ・マッケイドが十年ぶりに帰ってきた! 町はその話でもちきりだった。 手に負えない極道者。悪魔の美貌を持つ男。 南部で財を蓄え、あのバーロウ邸を買ったという。 バーロウ邸といえば、幽霊がすむ館。 改装して、旅館に? そんなこと……。 だが、堅気になったレイフは、 固い決意をもってバーロウ邸を買ったのだった。 亡霊たちとうまく折り合ってみせるさ。 久しぶりに見る町は変わっていなかった。 見知った顔ばかりだ。一人だけ、初めて見る女が── 骨董品店を営むという小粋な女。 レイフは彼女に、屋敷に入れる家具の調達を依頼した。

マッケイド四兄弟の長男ジェイリッドは、 法廷で圧倒的な存在感を持つ弁護士だ。 その際だった容姿に、多くの女性はため息をもらす。 だが今、ジェイリッドはいらだっていた。 父親が死んで遺産を残された女性が近くに住んでいる。 相続のことで連絡をとろうとしているのに、 はじめから無視されてしまったのだ。 しかし実際にその女性、サバンナに会ったとたん、 彼は美しさに思わず見とれた。 サバンナのほうも不仲だった父親の話にうんざりして ジェイリッドにそっけない態度をとったものの、 彼の魅力的な目と、はっとするようなほほえみに、 かつてないほど心が騒いでいた……。

「遠い昔のあの声に(ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ)」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸・小説 ハーレクイン(小説)
ページ数
288ページ (放蕩息子の帰還)
配信開始日
2012年10月11日 (放蕩息子の帰還)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad