電子書籍 哀愁のメヒコ -愛の序章-(BookWay) 文芸・小説

著: サハラテツヤ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

哀愁のメヒコ -愛の序章- あらすじ・内容

1985年夏 メキシコ旅行の見聞をもとに、メキシコの成立ち・歴史そして大植民地時代の外部(外国)との宗教や本国その他諸々の軋轢・葛藤、それに対する私(主人公)の個人的見解を日本にいる大切な人に手紙に託して送った小説です。また若い女性達との交友録でもあります。時と共に変っていく物の見方や人生観、それらを絡めながら話が進みます。そして「愛」とは、「自由」とは…。
思索の果てに浄化された愛・自由の透明な概念を得ることが出来る事でしょう。
当時の文学・哲学・思想用語や人名が時折顔を出しますが一青年の成長の記録であり、時代の色でもあったと思って頂ければと思います。
当時は実存主義・マルクス主義・構造主義・文化人類学・ヘーゲル哲学・相対性理論等が学生達の基礎知識(コモンセンス)でもありました。今の若い世代の人たち、その父母、更に祖父祖母の皆様に是非読んで頂きたいと思います。

この作品を共有

「哀愁のメヒコ -愛の序章-(BookWay)」最新刊

1985年夏 メキシコ旅行の見聞をもとに、メキシコの成立ち・歴史そして大植民地時代の外部(外国)との宗教や本国その他諸々の軋轢・葛藤、それに対する私(主人公)の個人的見解を日本にいる大切な人に手紙に託して送った小説です。また若い女性達との交友録でもあります。時と共に変っていく物の見方や人生観、それらを絡めながら話が進みます。そして「愛」とは、「自由」とは…。
思索の果てに浄化された愛・自由の透明な概念を得ることが出来る事でしょう。
当時の文学・哲学・思想用語や人名が時折顔を出しますが一青年の成長の記録であり、時代の色でもあったと思って頂ければと思います。
当時は実存主義・マルクス主義・構造主義・文化人類学・ヘーゲル哲学・相対性理論等が学生達の基礎知識(コモンセンス)でもありました。今の若い世代の人たち、その父母、更に祖父祖母の皆様に是非読んで頂きたいと思います。

「哀愁のメヒコ -愛の序章-(BookWay)」の作品情報

レーベル
――
出版社
BookWay
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
278ページ (哀愁のメヒコ -愛の序章-)
配信開始日
2019年6月21日 (哀愁のメヒコ -愛の序章-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad