電子書籍 公爵と秘密の鍵(マグノリアロマンス) 文芸・小説

著: スカーレット・ペッカム  訳: 多田桃子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

公爵と秘密の鍵 あらすじ・内容

公爵のアーチャーには、自分の相続人となる子どもを産んでくれる妻が必要になった。
しかし、彼に必要なのは、妻ではなく痛みだ。痛みだけが、彼を過去から解放してくれるからだ。
つらい過去のせいで、アーチャーは妻も子どももほしくないと思っていた。だが、自らの責任を果たすためには結婚するしかない。
アーチャーが望む妻は、自分を公爵という金庫としか見ない女性だ。そういう女性ならば愛情など求めず、彼がすることを気にしないだろう。
そう思っていたのに、園芸家のポピーと出会ったことで、徐々に彼の心は動かされていき──。

原題:The Duke I Tempted

この作品を共有

「公爵と秘密の鍵(マグノリアロマンス)」最新刊

公爵のアーチャーには、自分の相続人となる子どもを産んでくれる妻が必要になった。
しかし、彼に必要なのは、妻ではなく痛みだ。痛みだけが、彼を過去から解放してくれるからだ。
つらい過去のせいで、アーチャーは妻も子どももほしくないと思っていた。だが、自らの責任を果たすためには結婚するしかない。
アーチャーが望む妻は、自分を公爵という金庫としか見ない女性だ。そういう女性ならば愛情など求めず、彼がすることを気にしないだろう。
そう思っていたのに、園芸家のポピーと出会ったことで、徐々に彼の心は動かされていき──。

原題:The Duke I Tempted

「公爵と秘密の鍵(マグノリアロマンス)」の作品情報

レーベル
マグノリアロマンス
出版社
オークラ出版
ジャンル
文芸・小説 女性向け
ページ数
495ページ (公爵と秘密の鍵)
配信開始日
2019年7月9日 (公爵と秘密の鍵)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad