電子書籍 らくごえほん ばしょうさんとかっぱ~ぴっかぴかえほん~(小学館) 文芸・小説

文: 桂文我  絵: いのぐちまお 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

らくごえほん ばしょうさんとかっぱ~ぴっかぴかえほん~ あらすじ・内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

芭蕉さんに化けた河童が俳句を読む創作落語。

今から約300年前、松尾芭蕉という俳句の名人がいました。すばらしい俳句をよむことで有名になり、あちらこちらでひっぱりだこの人気者となりました。
それをうらやんだのが、古池にすむかっぱ。ニセ芭蕉に化けて、てきとうな俳句をよんで、ごちそうにありつこうというのです。はたして、かっぱのニセ芭蕉のたくらみはうまくいくのか否か。

江戸時代、俳句を文学として大成させた松尾芭蕉の句を味わうとともに、身近な発見を五七五の十七音で表す楽しさを伝える、俳句テーマの創作落語絵本です。

この作品を共有

「らくごえほん ばしょうさんとかっぱ~ぴっかぴかえほん~(小学館)」最新刊

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

芭蕉さんに化けた河童が俳句を読む創作落語。

今から約300年前、松尾芭蕉という俳句の名人がいました。すばらしい俳句をよむことで有名になり、あちらこちらでひっぱりだこの人気者となりました。
それをうらやんだのが、古池にすむかっぱ。ニセ芭蕉に化けて、てきとうな俳句をよんで、ごちそうにありつこうというのです。はたして、かっぱのニセ芭蕉のたくらみはうまくいくのか否か。

江戸時代、俳句を文学として大成させた松尾芭蕉の句を味わうとともに、身近な発見を五七五の十七音で表す楽しさを伝える、俳句テーマの創作落語絵本です。

「らくごえほん ばしょうさんとかっぱ~ぴっかぴかえほん~(小学館)」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 児童文学・童話・絵本 古典
ページ数
29ページ (らくごえほん ばしょうさんとかっぱ~ぴっかぴかえほん~)
配信開始日
2019年7月5日 (らくごえほん ばしょうさんとかっぱ~ぴっかぴかえほん~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad