電子書籍 乱灯 江戸影絵 文芸・小説

完結
著者: 松本清張 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

乱灯 江戸影絵 上 あらすじ・内容

大岡裁きは美化されている! 痛烈な批判を込めた時代サスペンス。

江戸城の目安箱に入れられた一通の書面。それを読んだ将軍徳川吉宗は大岡越前守に探索を命じるが、その最中に芝の寺の尼僧が殺され、旗本大久保家の存在が浮上する。将軍家世嗣をめぐる思惑。本格歴史長編。

※本書は角川文庫版(一九八七年刊・三分冊)を底本とした新装版です。

この作品を共有

「乱灯 江戸影絵」最新刊

吉宗から人捜しの命が下りるが調査はいきづまっている。情報収集に出た隠密は命を落とした。権力者の悪は裁かれない大岡裁きの闇を明らかにしていくスリリングな長編小節。

※本書は角川文庫版(一九八七年刊・三分冊)を底本とした新装版です。

「乱灯 江戸影絵」作品一覧

(2冊)

各770(税込)

まとめてカート

江戸城の目安箱に入れられた一通の書面。それを読んだ将軍徳川吉宗は大岡越前守に探索を命じるが、その最中に芝の寺の尼僧が殺され、旗本大久保家の存在が浮上する。将軍家世嗣をめぐる思惑。本格歴史長編。

※本書は角川文庫版(一九八七年刊・三分冊)を底本とした新装版です。

吉宗から人捜しの命が下りるが調査はいきづまっている。情報収集に出た隠密は命を落とした。権力者の悪は裁かれない大岡裁きの闇を明らかにしていくスリリングな長編小節。

※本書は角川文庫版(一九八七年刊・三分冊)を底本とした新装版です。

「乱灯 江戸影絵」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
469ページ (乱灯 江戸影絵 上)
配信開始日
2014年11月29日 (乱灯 江戸影絵 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad