電子書籍 殺しの柳川 日韓戦後秘史(小学館) 実用

著: 竹中明洋 

まずは、無料で試し読み

試し読み

34ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

殺しの柳川 日韓戦後秘史 あらすじ・内容

在日に愛され、在日に憎まれた男の真実。

最強の「在日ヤクザ」と称された柳川次郎は、1969年に柳川組を解散すると日韓の架け橋として両国を行き来した。全斗煥時代には政権中枢に影響を及ぼすも、民主化とともに力を失い、志半ばで1991年に没した。

柳川が堅気となった後半生は、これまでほとんど語られたことがなかった。暴力的なイメージゆえに、日本人社会だけでなく在日社会からも白眼視されたからである。日韓戦後史のなかで異彩を放った男の本格評伝。

この作品を共有

「殺しの柳川 日韓戦後秘史(小学館)」最新刊

在日に愛され、在日に憎まれた男の真実。

最強の「在日ヤクザ」と称された柳川次郎は、1969年に柳川組を解散すると日韓の架け橋として両国を行き来した。全斗煥時代には政権中枢に影響を及ぼすも、民主化とともに力を失い、志半ばで1991年に没した。

柳川が堅気となった後半生は、これまでほとんど語られたことがなかった。暴力的なイメージゆえに、日本人社会だけでなく在日社会からも白眼視されたからである。日韓戦後史のなかで異彩を放った男の本格評伝。

「殺しの柳川 日韓戦後秘史(小学館)」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
実用 ノンフィクション 社会
ページ数
358ページ (殺しの柳川 日韓戦後秘史)
配信開始日
2019年7月3日 (殺しの柳川 日韓戦後秘史)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad