電子書籍 日本人が知るべき東アジアの地政学(悟空出版) 実用

著: 茂木誠 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本人が知るべき東アジアの地政学 あらすじ・内容

米中覇権争いが本格化する中、日本は中国、韓国、北朝鮮とどう対峙すればよいのか。日々のニュースだけでは、国際情勢の本質が見えてこない。国家の行動や国民性は、地理や歴史の制約を大いに受ける。今こそ、欧米のエリート層が国際教養として学ぶ『地政学(地理+歴史+イデオロギー)』を武器に、日本の国益を考えよう!
◎朝鮮半島で交差する「数々のイデオロギー」を理解すれば、ロジカルに将来を予測できる!
・シーパワーVSランドパワー
・ナショナリズムVSグローバリズム
・米国:モンロー主義(一国孤立主義)VSウィルソン主義(世界の警察官)
・中国:大中華思想=朝貢外交
・ロシア:スラブ主義VS西洋啓蒙主義
・北朝鮮:朱子学(小中華思想)☓社会主義=主体(チュチェ)思想
・韓国:小中華思想=民族派VS事大主義
・日本:大陸進出=大アジア主義VS海洋進出=一国平和主義

この作品を共有

「日本人が知るべき東アジアの地政学(悟空出版)」最新刊

米中覇権争いが本格化する中、日本は中国、韓国、北朝鮮とどう対峙すればよいのか。日々のニュースだけでは、国際情勢の本質が見えてこない。国家の行動や国民性は、地理や歴史の制約を大いに受ける。今こそ、欧米のエリート層が国際教養として学ぶ『地政学(地理+歴史+イデオロギー)』を武器に、日本の国益を考えよう!
◎朝鮮半島で交差する「数々のイデオロギー」を理解すれば、ロジカルに将来を予測できる!
・シーパワーVSランドパワー
・ナショナリズムVSグローバリズム
・米国:モンロー主義(一国孤立主義)VSウィルソン主義(世界の警察官)
・中国:大中華思想=朝貢外交
・ロシア:スラブ主義VS西洋啓蒙主義
・北朝鮮:朱子学(小中華思想)☓社会主義=主体(チュチェ)思想
・韓国:小中華思想=民族派VS事大主義
・日本:大陸進出=大アジア主義VS海洋進出=一国平和主義

「日本人が知るべき東アジアの地政学(悟空出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
悟空出版
ジャンル
実用 地理 歴史 政治 社会
ページ数
299ページ (日本人が知るべき東アジアの地政学)
配信開始日
2019年6月28日 (日本人が知るべき東アジアの地政学)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad