電子書籍 眠る湖 マンガ

著者: モーリーン・チャイルド  漫画: 瀧川イヴ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

月の夜の誘惑 あらすじ・内容

天涯孤独のマギーが、裕福だが孤独な老人ジェレマイア・ロナーガンに助けられたのは、2年前だった。以来マギーは家政婦として働いていた。ある夜、広大なロナーガン家の敷地内の湖で、マギーは一糸まとわぬ姿で泳いでいた。そのとき突然、木の茂みの動く音がした。――男性だ! 覗き見するなんて卑劣な男。許せない――だが男は恥じる様子もなく名をなのった。サム・ロナーガン。マギーの体が震えた。ジェレマイアを見放し孤独の底に沈めた冷血な孫の1人だった!

この作品を共有
  

「眠る湖」最新刊

15年前、いとこ同士4人の少年たちが湖で経験した悲しい事故――ひとりが亡くなり、残された3人はそれぞれ心に傷を負った。その犠牲者マックの恋人ドナが久しぶりに故郷に帰ってきた。ドナはマックの死に罪悪感を覚えていた。当時、彼女が本当に好きだったのはマックのいとこジェイクだったのだ。その想いをジェイクに伝えた直後、悲劇は起こった。15年が過ぎてもドナの心は変わっていない。けれど、この気持ちを再び彼に告げるわけにはいかない。だって、あの夜に生まれた秘密を彼に知られてはならないのだから。仲間の死を乗りこえようとする3人のいとこたちの軌跡を追った感動の3部作・完結編。

「眠る湖」作品一覧

(3冊)

各550(税込)

まとめてカート

天涯孤独のマギーが、裕福だが孤独な老人ジェレマイア・ロナーガンに助けられたのは、2年前だった。以来マギーは家政婦として働いていた。ある夜、広大なロナーガン家の敷地内の湖で、マギーは一糸まとわぬ姿で泳いでいた。そのとき突然、木の茂みの動く音がした。――男性だ! 覗き見するなんて卑劣な男。許せない――だが男は恥じる様子もなく名をなのった。サム・ロナーガン。マギーの体が震えた。ジェレマイアを見放し孤独の底に沈めた冷血な孫の1人だった!

人気作家クーパーの個人秘書をしているカーラは、今日こそ辞めようと固く決意していた。なぜならクーパーをひと目見ると、カーラの聡明な頭脳はたちまち活動停止して、いけない空想でいっぱいになってしまうのだ。でも彼はそれに気づくデリカシーさえもっていない。カーラが彼の借りた古い家に着くと、クーパーの様子はいつもと違う。おまけに古家には噂どおり幽霊がでるらしく、女性のすすりなく声が聞こえる。何か重大なことが起きる…とカーラは直感した!?

15年前、いとこ同士4人の少年たちが湖で経験した悲しい事故――ひとりが亡くなり、残された3人はそれぞれ心に傷を負った。その犠牲者マックの恋人ドナが久しぶりに故郷に帰ってきた。ドナはマックの死に罪悪感を覚えていた。当時、彼女が本当に好きだったのはマックのいとこジェイクだったのだ。その想いをジェイクに伝えた直後、悲劇は起こった。15年が過ぎてもドナの心は変わっていない。けれど、この気持ちを再び彼に告げるわけにはいかない。だって、あの夜に生まれた秘密を彼に知られてはならないのだから。仲間の死を乗りこえようとする3人のいとこたちの軌跡を追った感動の3部作・完結編。

「眠る湖」の作品情報

レーベル
ハーレクインコミックス
出版社
ハーレクイン(コミック)
ジャンル
マンガ 女性向け ハーレクイン(コミック) 女性マンガ
ページ数
129ページ (月の夜の誘惑)
配信開始日
2012年10月18日 (月の夜の誘惑)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad