電子書籍 冷たい橋の上(いるかネットブックス) 文芸・小説

著: 青笹慶彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

冷たい橋の上 あらすじ・内容

古書店経営者3代目・本郷瞬は、訪れた顧客の相談事を一緒に解決をめざす。

「冷たい橋の上」
本郷は顧客の北沢に相談を持ちかけられる。勤め先の工場内の各部署を何者かにパーツなどを無断撮影されているという。誰が翻弄者なのか。本郷は工場のあるT市を訪れた。
「一途な瞳」
津島の顧客宅で古文書を確かめていた本郷は戦国時代のある晩に縮問屋で起きた怪事件に行き当たる。
「4人いる」
不動産会社の新任女性部長に注文品を届けた先で本郷は人間消失事件について相談される。

この作品を共有

「冷たい橋の上(いるかネットブックス)」最新刊

古書店経営者3代目・本郷瞬は、訪れた顧客の相談事を一緒に解決をめざす。

「冷たい橋の上」
本郷は顧客の北沢に相談を持ちかけられる。勤め先の工場内の各部署を何者かにパーツなどを無断撮影されているという。誰が翻弄者なのか。本郷は工場のあるT市を訪れた。
「一途な瞳」
津島の顧客宅で古文書を確かめていた本郷は戦国時代のある晩に縮問屋で起きた怪事件に行き当たる。
「4人いる」
不動産会社の新任女性部長に注文品を届けた先で本郷は人間消失事件について相談される。

「冷たい橋の上(いるかネットブックス)」の作品情報

レーベル
いるかネットブックス
出版社
インタープレイ
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス 経済小説 経済 社会
ページ数
97ページ (冷たい橋の上)
配信開始日
2019年7月5日 (冷たい橋の上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad