電子書籍 おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺 マンガ

完結
原作: 加藤実秋  漫画: 丸山朝ヲ  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

55ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺 1巻 あらすじ・内容

究極の安楽椅子探偵は花魁!?

江戸・吉原の遊郭「開花楼」の使用人・幾太郎は、売れっ妓花魁・芙蓉に見込まれて、歌舞伎役者・尾高永遠蔵が足の届く深さの池で溺れ死んだ謎の真相を探ることになる。吉原から出られない芙蓉の代わりに調査を進める幾太郎だが、芙蓉の人使いの荒さに苦労が絶えず…。幾太郎の最初の事件、「ひよっこ、篭鳥の歌を聽く」を収録!

この作品を共有
  

「おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺」最新刊

芙蓉と幾太郎の共通の敵、鬼神党は吉原にいる! 芙蓉がランクインした人気投票「大江戸美女十傑」の取材にまぎれて、吉原を探る幾太郎は、鬼神党の手掛かりをつかむ。時同じくして謎の少年・燐児が浮き葉に近づき外出した芙蓉にキツネ面の少女が襲いかかる! 謎解き花魁・芙蓉最後の事件、「篭鳥、人鬼に立ち掛かる」全収録!

「おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺」作品一覧

(3冊)

618〜639(税込)

まとめてカート

江戸・吉原の遊郭「開花楼」の使用人・幾太郎は、売れっ妓花魁・芙蓉に見込まれて、歌舞伎役者・尾高永遠蔵が足の届く深さの池で溺れ死んだ謎の真相を探ることになる。吉原から出られない芙蓉の代わりに調査を進める幾太郎だが、芙蓉の人使いの荒さに苦労が絶えず…。幾太郎の最初の事件、「ひよっこ、篭鳥の歌を聽く」を収録!

江戸・吉原の遊郭「開花楼」の売れっ妓花魁・芙蓉は、床入りの代わりに謎解きをするおぼこ(処女)探偵。開花楼の遊女・若梅を恨んだ立てこもり事件で、若梅の代わりに芙蓉が人質になって謎を解く「篭鳥、手負いの獅子におぼこを賭する」、今までで一番の“大物”の想い人を捜す「篭鳥、飛ぶ鳥の嫁取りを請け負う」の2本を収録!

芙蓉と幾太郎の共通の敵、鬼神党は吉原にいる! 芙蓉がランクインした人気投票「大江戸美女十傑」の取材にまぎれて、吉原を探る幾太郎は、鬼神党の手掛かりをつかむ。時同じくして謎の少年・燐児が浮き葉に近づき外出した芙蓉にキツネ面の少女が襲いかかる! 謎解き花魁・芙蓉最後の事件、「篭鳥、人鬼に立ち掛かる」全収録!

「おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺」の作品情報

レーベル
ビッグガンガンコミックス
出版社
スクウェア・エニックス
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ 時代劇マンガ ミステリー・推理・サスペンス 歴史 月刊ビッグガンガン
ページ数
248ページ (おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺 1巻)
配信開始日
2014年11月25日 (おしげりなんし 篭鳥探偵・芙蓉の夜伽噺 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad