電子書籍 ウナノハテノガタ(中央公論新社) 文芸・小説

著: 大森兄弟 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ウナノハテノガタ <電子書籍版 特典付き> あらすじ・内容

「いいか、島でのこと、だれにも話してはいけない」

代々、父は嘘つき、子は怖がり。
死体を運び続ける親子が背負った使命は、罪か? 救いか?

〝死〟を知らない海の民・少年オトガイ。
ある日、父から怖ろしい役目を引き継いだ。
生贄の運命を逃れた少女、火葬をする山の民の出現……
のどかな日々を、望まぬ争いと喪失が激変させる。
遠く懐かしい原始の声が届く、どこにもなかった物語。

電子書籍版特典として、朝井リョウ、伊坂幸太郎をはじめとする「螺旋プロジェクト」全8作家が早稲田大学にて行った座談会がついています!出典:「『螺旋』の先にある新しい小説の景色」(2016年7月発行「小説BOC2」に収録)

この作品を共有

「ウナノハテノガタ(中央公論新社)」最新刊

「いいか、島でのこと、だれにも話してはいけない」

代々、父は嘘つき、子は怖がり。
死体を運び続ける親子が背負った使命は、罪か? 救いか?

〝死〟を知らない海の民・少年オトガイ。
ある日、父から怖ろしい役目を引き継いだ。
生贄の運命を逃れた少女、火葬をする山の民の出現……
のどかな日々を、望まぬ争いと喪失が激変させる。
遠く懐かしい原始の声が届く、どこにもなかった物語。

電子書籍版特典として、朝井リョウ、伊坂幸太郎をはじめとする「螺旋プロジェクト」全8作家が早稲田大学にて行った座談会がついています!出典:「『螺旋』の先にある新しい小説の景色」(2016年7月発行「小説BOC2」に収録)

「ウナノハテノガタ(中央公論新社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
235ページ (ウナノハテノガタ <電子書籍版 特典付き>)
配信開始日
2019年7月10日 (ウナノハテノガタ <電子書籍版 特典付き>)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad