電子書籍 島津四神伝 戦国屈強兄弟の九州統一軍記(朝日新聞出版) 文芸・小説

著者: 片山洋一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

島津四神伝 戦国屈強兄弟の九州統一軍記 あらすじ・内容

時は戦国末期――。日本六十余州最南端に屈強を誇る大名がいた。鎌倉時代より薩摩・大隅・日向の三州を治めてきた島津家である。その志は四人の兄弟たちに受け継がれた。当主である長男・義久の下に、次男・義弘の采配、三男・歳久の知略、四男・家久の勇武、そして家臣団の奮戦をもって大友氏や竜造寺氏などを撃破し九州全土を席巻するまでに至り、天下人・豊臣秀吉と対峙することとなった――。最新資料を基に、戦国最強の島津四兄弟を描きぬく書き下ろし長編時代小説。

この作品を共有

「島津四神伝 戦国屈強兄弟の九州統一軍記(朝日新聞出版)」最新刊

時は戦国末期――。日本六十余州最南端に屈強を誇る大名がいた。鎌倉時代より薩摩・大隅・日向の三州を治めてきた島津家である。その志は四人の兄弟たちに受け継がれた。当主である長男・義久の下に、次男・義弘の采配、三男・歳久の知略、四男・家久の勇武、そして家臣団の奮戦をもって大友氏や竜造寺氏などを撃破し九州全土を席巻するまでに至り、天下人・豊臣秀吉と対峙することとなった――。最新資料を基に、戦国最強の島津四兄弟を描きぬく書き下ろし長編時代小説。

「島津四神伝 戦国屈強兄弟の九州統一軍記(朝日新聞出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
294ページ (島津四神伝 戦国屈強兄弟の九州統一軍記)
配信開始日
2019年7月9日 (島津四神伝 戦国屈強兄弟の九州統一軍記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad