電子書籍 透明なきみの後悔を見抜けない(講談社タイガ) 文芸・小説

著: 望月拓海 

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

透明なきみの後悔を見抜けない あらすじ・内容

あなたは見抜けますか?彼の秘密、彼女の真実――静岡書店大賞<映像化したい文庫部門>受賞の著者が紡ぐ、世界がめまぐるしく反転する感動の恋愛ミステリー気がつくと駿府公園の中央広場にいた。ぼくは――誰なんだ?記憶を失ったぼくに話しかけてきた、柔らかな雰囲気の大学生、開登。人助けが趣味だという彼と、ぼくは失った過去を探しに出かける。心を苛む焦燥感。そして思い出す。ぼくは教師で、助けたい子がいるんだ! だが、ぼくの過去には驚きの秘密が……!?本当の自分が見つかる、衝撃と感動が詰まった恋愛ミステリー。

この作品を共有

「透明なきみの後悔を見抜けない(講談社タイガ)」最新刊

あなたは見抜けますか?彼の秘密、彼女の真実――静岡書店大賞<映像化したい文庫部門>受賞の著者が紡ぐ、世界がめまぐるしく反転する感動の恋愛ミステリー気がつくと駿府公園の中央広場にいた。ぼくは――誰なんだ?記憶を失ったぼくに話しかけてきた、柔らかな雰囲気の大学生、開登。人助けが趣味だという彼と、ぼくは失った過去を探しに出かける。心を苛む焦燥感。そして思い出す。ぼくは教師で、助けたい子がいるんだ! だが、ぼくの過去には驚きの秘密が……!?本当の自分が見つかる、衝撃と感動が詰まった恋愛ミステリー。

「透明なきみの後悔を見抜けない(講談社タイガ)」の作品情報

レーベル
講談社タイガ
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
268ページ (透明なきみの後悔を見抜けない)
配信開始日
2019年7月18日 (透明なきみの後悔を見抜けない)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad