電子書籍 パイロットが考えた“空の産業革命”-ポスト田中角栄「新日本列島改造論」(BookWay) 実用

著: 山下智之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

パイロットが考えた“空の産業革命”-ポスト田中角栄「新日本列島改造論」 あらすじ・内容

日本経済復活のカギは「空」、夢の乗り物にある。
世界で進む空飛ぶ自動車の開発。この乗り物を普及させ、利用できる小型機専用空港を全国に建設、教習所を増やしていけば、社会が潤い人々の生活は激変するだろう。
実際に航空機を操縦し日本全国のほとんどの空港に離着陸の経験を持つパイロットである著者が、その方法と実現の可能性を示しながら、すぐ近くにある未来を描いた注目の書。

抜粋
「車が売れない。それは。地上を走る自動車に珍しさを感じないからかもしれない。非日常的な刺激を味わえる飛行機を操り、空中移動が当たり前になるのなら私たちの価値観も大きく変わっていくに違いない。」

この作品を共有

「パイロットが考えた“空の産業革命”-ポスト田中角栄「新日本列島改造論」(BookWay)」最新刊

日本経済復活のカギは「空」、夢の乗り物にある。
世界で進む空飛ぶ自動車の開発。この乗り物を普及させ、利用できる小型機専用空港を全国に建設、教習所を増やしていけば、社会が潤い人々の生活は激変するだろう。
実際に航空機を操縦し日本全国のほとんどの空港に離着陸の経験を持つパイロットである著者が、その方法と実現の可能性を示しながら、すぐ近くにある未来を描いた注目の書。

抜粋
「車が売れない。それは。地上を走る自動車に珍しさを感じないからかもしれない。非日常的な刺激を味わえる飛行機を操り、空中移動が当たり前になるのなら私たちの価値観も大きく変わっていくに違いない。」

「パイロットが考えた“空の産業革命”-ポスト田中角栄「新日本列島改造論」(BookWay)」の作品情報

レーベル
――
出版社
BookWay
ジャンル
実用 経済
ページ数
231ページ (パイロットが考えた“空の産業革命”-ポスト田中角栄「新日本列島改造論」)
配信開始日
2019年7月12日 (パイロットが考えた“空の産業革命”-ポスト田中角栄「新日本列島改造論」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad