電子書籍 「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―(新潮文庫) 実用

著: 石井光太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―(新潮文庫) あらすじ・内容

使用済みのオムツが悪臭を放ち、床には虫が湧く。暗く寒い部屋に監禁され食事は与えられず、それでもなお親の愛を信じていた5歳の男児は、一人息絶え、ミイラ化した。極めて身勝手な理由でわが子を手にかける親たち。彼らは一様に口を揃える。「愛していたけど、殺した」。ただし「私なりに」。親の生育歴を遡ることで見えてきた真実とは。家庭という密室で殺される子供たちを追う衝撃のルポ。

この作品を共有

「「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―(新潮文庫)」最新刊

使用済みのオムツが悪臭を放ち、床には虫が湧く。暗く寒い部屋に監禁され食事は与えられず、それでもなお親の愛を信じていた5歳の男児は、一人息絶え、ミイラ化した。極めて身勝手な理由でわが子を手にかける親たち。彼らは一様に口を揃える。「愛していたけど、殺した」。ただし「私なりに」。親の生育歴を遡ることで見えてきた真実とは。家庭という密室で殺される子供たちを追う衝撃のルポ。

「「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―(新潮文庫)」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
300ページ (「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―(新潮文庫))
配信開始日
2019年7月19日 (「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―(新潮文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad