電子書籍 日向景一郎シリーズ(【新潮文庫】) 文芸・小説

著: 北方謙三 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

風樹の剣―日向景一郎シリーズ1―(新潮文庫) あらすじ・内容

「父を斬れ。斬らねばおまえの生きる場所は、この世にはない」。謎めいた祖父の遺言を胸に、日向(ひなた)景一郞は流浪の旅に出た。手挟(たばさ)むは二尺六寸の古刀来国行(らいくにゆき)。齢(よわい)十八の青年剣士は赴く先々で道場を破り、生肉を啖(くら)い、遂には必殺剣法を体得。そして、宿命の父子対決の地、熊本へと辿り着く――。獣性を増しながら非情の極みへと向かう男の血塗られた生を描く、凄絶な剣豪小説シリーズ、第一弾。

この作品を共有

「日向景一郎シリーズ(【新潮文庫】)」最新刊

「死ねば、薬草の肥しだ」。日向(ひなた)景一郞は、向島の薬草園で焼物に心を注いでいた。幼き森之助、伯父格の小関鉄馬との静かな暮らし。それがある日、破られる。陶酔と富をもたらす禁制品阿芙蓉が人々の魔性を呼び起こしたのだ。陸続と襲来する敵。男と女の愛憎。北の譜代藩の策謀。そして、剣士・榊原征四郎との対決が迫り来る。景一郞、鉄馬の振るう豪刀の向こうに明日は見えるのか――。

「日向景一郎シリーズ(【新潮文庫】)」作品一覧

(2冊)

649〜825(税込)

まとめてカート

「父を斬れ。斬らねばおまえの生きる場所は、この世にはない」。謎めいた祖父の遺言を胸に、日向(ひなた)景一郞は流浪の旅に出た。手挟(たばさ)むは二尺六寸の古刀来国行(らいくにゆき)。齢(よわい)十八の青年剣士は赴く先々で道場を破り、生肉を啖(くら)い、遂には必殺剣法を体得。そして、宿命の父子対決の地、熊本へと辿り着く――。獣性を増しながら非情の極みへと向かう男の血塗られた生を描く、凄絶な剣豪小説シリーズ、第一弾。

「死ねば、薬草の肥しだ」。日向(ひなた)景一郞は、向島の薬草園で焼物に心を注いでいた。幼き森之助、伯父格の小関鉄馬との静かな暮らし。それがある日、破られる。陶酔と富をもたらす禁制品阿芙蓉が人々の魔性を呼び起こしたのだ。陸続と襲来する敵。男と女の愛憎。北の譜代藩の策謀。そして、剣士・榊原征四郎との対決が迫り来る。景一郞、鉄馬の振るう豪刀の向こうに明日は見えるのか――。

「日向景一郎シリーズ(【新潮文庫】)」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
464ページ (風樹の剣―日向景一郎シリーズ1―(新潮文庫))
配信開始日
2019年7月26日 (風樹の剣―日向景一郎シリーズ1―(新潮文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad