電子書籍 幻約聖書 文芸・小説

著者: 星十里 手品 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幻約聖書 ルビヤの石 あらすじ・内容

あなたはこの物語を読むことをずっと待っていた。何年も何百年も前から

そろそろ読む準備はできましたか?
これはあなたの本当の願いを叶える物語。

猫が二足歩行を始めて踊り出した意味を知った時の、
究極の絶望、そして… …。
人類には耐えられない、或いは理解したくない、
故に理解できない秘密。

全世界に偏在する、すべての物語に共通する情念は、「読まれたい」という宿命的な欲望でしょう。みなが物語の裡に、その想いを秘めています。 悲しいことに「ルビヤの石」にはそれがありません。「読まれまい」という、物語の本質にあるまじき反対の欲求に支配されているのです。「ルビヤの石」はありとあらゆる手法を用いて、読者の皆様にこの物語を読むことを放棄させようと試みます。そしてなんと恐ろしいことに、それは概ね成功してしまっていたのでした……。読むことを諦めてしまった読者の皆様を、「ルビヤの石」はしたり顔で眺めているのです。誤解のないように申し上げなけばならないのですが、作者である私と「ルビヤの石」は全く異なる考えを持っています。私は「ルビヤの石」を最後まで「読んでほしい」と願っています。すべての物語作家が、そうであるように私もまた。 誰が自分では読まれたくないと思うような物語を、書いたりすることができるでしょうか?

「反対に訊くが何故お前は、お前の著作物を読まれたいと望んだのだ? お前は小説を書いているときが一番幸せだと俺に言ったはずだ。外部に読んでいる者がいようがいまいが、お前の幸せな世界とやらとは、一切関わりを持たないはずだろう? それにすべての物語が『読まれたい』と望んでいる、などと、お前はすべての本から、その答えを訊いて回ったのだろうか?」

この作品を共有

「幻約聖書」最新刊

幻約聖書シリーズ【受胎篇】

新しいイスラエルの王を祝いに訪れた東方の三博士。
神の子の誕生を怖れて幼児虐殺命令を実行するヘロデ大王。

聖なる幼子を巡る攻防。

しかしここで誰もが予期しなかった出来事が起きた。
あのとき、あったかもしれない、一つの哀しい物語。

「幻約聖書」作品一覧

(3冊)

220〜2,200(税込)

まとめてカート

そろそろ読む準備はできましたか?
これはあなたの本当の願いを叶える物語。

猫が二足歩行を始めて踊り出した意味を知った時の、
究極の絶望、そして… …。
人類には耐えられない、或いは理解したくない、
故に理解できない秘密。

全世界に偏在する、すべての物語に共通する情念は、「読まれたい」という宿命的な欲望でしょう。みなが物語の裡に、その想いを秘めています。 悲しいことに「ルビヤの石」にはそれがありません。「読まれまい」という、物語の本質にあるまじき反対の欲求に支配されているのです。「ルビヤの石」はありとあらゆる手法を用いて、読者の皆様にこの物語を読むことを放棄させようと試みます。そしてなんと恐ろしいことに、それは概ね成功してしまっていたのでした……。読むことを諦めてしまった読者の皆様を、「ルビヤの石」はしたり顔で眺めているのです。誤解のないように申し上げなけばならないのですが、作者である私と「ルビヤの石」は全く異なる考えを持っています。私は「ルビヤの石」を最後まで「読んでほしい」と願っています。すべての物語作家が、そうであるように私もまた。 誰が自分では読まれたくないと思うような物語を、書いたりすることができるでしょうか?

「反対に訊くが何故お前は、お前の著作物を読まれたいと望んだのだ? お前は小説を書いているときが一番幸せだと俺に言ったはずだ。外部に読んでいる者がいようがいまいが、お前の幸せな世界とやらとは、一切関わりを持たないはずだろう? それにすべての物語が『読まれたい』と望んでいる、などと、お前はすべての本から、その答えを訊いて回ったのだろうか?」

アンデの花園に住まうメアイとメーイェと猫、犬、兎と、
八匹の蛇たち、そして彼らを養育する二体の天使。
彼らの間に何があったのか?

あなたはこの物語を遺伝子レベルで忌避する……。
失われたルビヤ神話を物語化した【花園篇】

「ルビヤの石」の謎が解明される、怖ろしき考察集【菓子篇】
そして奥義、おまけの手品。2018年12月22日冬至。
「一瞬、この宇宙が崩壊するか、百億年の夢から目覚めるかと思いました。いや、ずっと、今でも……」

幻約聖書シリーズ【受胎篇】

新しいイスラエルの王を祝いに訪れた東方の三博士。
神の子の誕生を怖れて幼児虐殺命令を実行するヘロデ大王。

聖なる幼子を巡る攻防。

しかしここで誰もが予期しなかった出来事が起きた。
あのとき、あったかもしれない、一つの哀しい物語。

「幻約聖書」の作品情報

レーベル
星十里手品
出版社
星十里手品
ジャンル
文芸・小説 ダイレクト出版 同人誌・個人出版 ファンタジー ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
328ページ (幻約聖書 ルビヤの石)
配信開始日
2019年7月5日 (幻約聖書 ルビヤの石)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad