電子書籍 古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで(中公新書) 新書

著: 河上麻由子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで あらすじ・内容

607年、日本は隋の煬帝に「日出ずる処の天子」で名高い書状を送る。以後、対等の関係を築き、中国を大国とみなすことはなかった――。こうした通説は事実なのか。日本はアジア情勢を横目に、いかなる手段・方針・目的をもって中国と交渉したのか。本書は、倭の五王の時代から、5回の遣隋使、15回の遣唐使、さらには派遣後まで、500年間に及ぶ日中間の交渉の軌跡を実証的に、「常識」に疑問を呈しながら描く。

この作品を共有

「古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで(中公新書)」最新刊

607年、日本は隋の煬帝に「日出ずる処の天子」で名高い書状を送る。以後、対等の関係を築き、中国を大国とみなすことはなかった――。こうした通説は事実なのか。日本はアジア情勢を横目に、いかなる手段・方針・目的をもって中国と交渉したのか。本書は、倭の五王の時代から、5回の遣隋使、15回の遣唐使、さらには派遣後まで、500年間に及ぶ日中間の交渉の軌跡を実証的に、「常識」に疑問を呈しながら描く。

「古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで(中公新書)」の作品情報

レーベル
中公新書
出版社
中央公論新社
ジャンル
新書 ノンフィクション 歴史 政治 社会
ページ数
297ページ (古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで)
配信開始日
2019年7月12日 (古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad