電子書籍 昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち(文春文庫) 実用

著: 早坂隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち あらすじ・内容

正史から抹殺された甲子園大会の「謎」に迫る! 
昭和十七年夏の甲子園大会は、朝日新聞主催から文部省主催に変更。さらに、戦意高揚のため特異な戦時ルールが適用され、「選手」としてではなく「選士」として出場することを余儀なくされた。そして、大会後は「兵士」として戦場へ向かった──。球児たちの引き裂かされた青春の虚実を描くノンフィクション大作。

解説・岡崎満義

【目次より】
序章 開幕迄
第1章 満州のハーモニカ
第2章 とある予科練生の憂鬱
第3章 応召した監督
第4章 台湾から来たチーム
第5章 少年航空兵に憧れた主将
第6章 幻のホームラン
第7章 海軍航空隊の現実
第8章 戦時下の大記録
第9章 シベリア抑留
第10章 撃沈
第11章 真の最多得点記録
第12章 焼け落ちた優勝旗
第13章 一通の戦死公報
第14章 キノコ雲の下
第15章 最後の熱戦
第16章 それぞれの青春と戦争

この作品を共有

「昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち(文春文庫)」最新刊

正史から抹殺された甲子園大会の「謎」に迫る! 
昭和十七年夏の甲子園大会は、朝日新聞主催から文部省主催に変更。さらに、戦意高揚のため特異な戦時ルールが適用され、「選手」としてではなく「選士」として出場することを余儀なくされた。そして、大会後は「兵士」として戦場へ向かった──。球児たちの引き裂かされた青春の虚実を描くノンフィクション大作。

解説・岡崎満義

【目次より】
序章 開幕迄
第1章 満州のハーモニカ
第2章 とある予科練生の憂鬱
第3章 応召した監督
第4章 台湾から来たチーム
第5章 少年航空兵に憧れた主将
第6章 幻のホームラン
第7章 海軍航空隊の現実
第8章 戦時下の大記録
第9章 シベリア抑留
第10章 撃沈
第11章 真の最多得点記録
第12章 焼け落ちた優勝旗
第13章 一通の戦死公報
第14章 キノコ雲の下
第15章 最後の熱戦
第16章 それぞれの青春と戦争

「昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用
ページ数
410ページ (昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち)
配信開始日
2019年7月19日 (昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad