電子書籍 あしたの、のぞみ(日本文芸社) 文芸・小説

著: 森下えみこ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

あしたの、のぞみ あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

3年ぶり! 森下えみこが描く、待望の書き下ろしがオールカラーで登場!

「未来は見えないけれど、せめて今を楽しく暮らしたい」。
会社員で一人暮らし、世間にも、
自分にもちょっとお疲れ気味の「のぞみ」が、
日々の生活に癒しと潤いを取り入れようとするお話です。
平日がラク~な部屋づくり、
心地よく眠るコツ、
小さな疲れやモヤモヤを減らすコツ、
最高の安心感を得られるおやつ選びなど、
日常のちょっとしたことを変えていくことで、
自分をいたわる暮らし方を発見していきます。

少し立ち止まっていろんなことを見つめてみると、
今の私にぴったりな毎日を送ることができる。
ゆる~く、小さく頑張っていく「のぞみ」に、ほんのり元気をもらえる1冊です。
読み終わった後は、明日が少し楽しみになるはず。

<著者について>
イラストレーター/マンガ家
静岡県生まれ、コミックエッセイのほか、書籍や広告、雑誌などのイラスト、マンガを手がけている。主な著書に『40歳になったことだし』(幻冬舎)、『今日も朝からたまご焼き』、『独りでできるもん』シリーズ(ともにKADOKAWA/メディアファクトリー)、『キャベツのせん切り、できますか?』(ナツメ社)など多数。

この作品を共有

「あしたの、のぞみ(日本文芸社)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

3年ぶり! 森下えみこが描く、待望の書き下ろしがオールカラーで登場!

「未来は見えないけれど、せめて今を楽しく暮らしたい」。
会社員で一人暮らし、世間にも、
自分にもちょっとお疲れ気味の「のぞみ」が、
日々の生活に癒しと潤いを取り入れようとするお話です。
平日がラク~な部屋づくり、
心地よく眠るコツ、
小さな疲れやモヤモヤを減らすコツ、
最高の安心感を得られるおやつ選びなど、
日常のちょっとしたことを変えていくことで、
自分をいたわる暮らし方を発見していきます。

少し立ち止まっていろんなことを見つめてみると、
今の私にぴったりな毎日を送ることができる。
ゆる~く、小さく頑張っていく「のぞみ」に、ほんのり元気をもらえる1冊です。
読み終わった後は、明日が少し楽しみになるはず。

<著者について>
イラストレーター/マンガ家
静岡県生まれ、コミックエッセイのほか、書籍や広告、雑誌などのイラスト、マンガを手がけている。主な著書に『40歳になったことだし』(幻冬舎)、『今日も朝からたまご焼き』、『独りでできるもん』シリーズ(ともにKADOKAWA/メディアファクトリー)、『キャベツのせん切り、できますか?』(ナツメ社)など多数。

「あしたの、のぞみ(日本文芸社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
日本文芸社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
131ページ (あしたの、のぞみ)
配信開始日
2019年8月1日 (あしたの、のぞみ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad