電子書籍 軍鶏 マンガ

完結
原作: 橋本以蔵  漫画: たなか亜希夫 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

極厚版『軍鶏』 巻之壱 (1~3巻相当) あらすじ・内容

【コミック1~3巻分収録】真昼の昼下がり、少年は両親を殺害した。エリート銀行員の父と美しき母の、まとわりつくような愛情が、自分のすべてを吸い尽くすという妄執にかられ、少年は凶行に及んだ。収監された少年院で、少年は「空手」と出会い、その牙と爪を研ぎ続ける。何者にも自分自身を奪われないため、何より、殺されないために――。

この作品を共有

「軍鶏」作品一覧

(22冊)

660〜1,018(税込)

まとめてカート

【コミック18~19巻分収録】リョウのいるところへ――。天才ダンサーだった高原トーマは、リョウの事を知る程に、自分の衝動を抑えられなくなっていた。「どうすればナルシマリョウの場所にたどり着けるのか?」リョウが身を置く格闘技の世界に飛び込んだトーマは、様々な強者達と出会い、赤子が言葉を覚えるようにその技を吸収していく。計測不能な潜在能力を持つトーマは、リョウのいる闇へ、一歩ずつ足を踏み入れていく……。

混沌の街、新宿。両親を殺害し、少年Aと呼ばれた男・ナルシマリョウはそこにいた。妹・ナツミのために、夜の地下格闘技場で終わらない闘いを繰り広げながら。得体の知れない相手に、激戦を繰り広げていくリョウだったが、体は傷つき、精神的にも追い込まれていく――。

――とある病院の一室。リョウは自らの体に感じる違和感の答えを求め、そこを訪れる。病室には、かつてリョウと死闘を繰り広げた男・菅原(スガワラ)がいた。リョウはベッドに横たわる、変わり果てた菅原の姿を見て愕然とする。しかし、語る術を持たない菅原から、リョウは強烈なメッセージを受け取る――。