電子書籍 文芸カドカワ 文芸

角川書店 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

46ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューワーで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

文芸カドカワ 2017年7月号 あらすじ・内容

上田早夕里「リラと戦禍の風」スタート! 吉本ばなな特別対談掲載

今が少し生きやすくなるヒント、ここにあります。吉本ばななさんと、タレントのCHIEさんが語る「変化する私」。――特別対談I(前編)「吉本ばなな×CHIE」/「オーシャンクロニクル」シリーズが大好評! 第一次世界大戦下のヨーロッパを舞台に描く大河ロマン――上田早夕里「リラと戦禍の風」/続々最終回!はらだみずき「名もなき風たち サッカーボーイズU17」、中山七里「笑えシャイロック」、鈴木光司「ユビキタス」、浅生鴨「猫たちの色メガネ」/好評連載!住野よる「青くて痛くて脆い」、藤井太洋「東京の子」、下村敦史「サハラの薔薇」、富樫倫太郎「警視庁特殊捜査班 SECRET MISSION」、赤川次郎「三世代探偵団 次の扉に棲む死神」、夢枕獏「蟲毒の城」、堀埜浩二「このアニソンを聴け」、今野敏「ヤメろと言われても!II」など

この作品を共有

「文芸カドカワ」最新巻

今が少し生きやすくなるヒント、ここにあります。吉本ばななさんと、タレントのCHIEさんが語る「変化する私」。――特別対談I(前編)「吉本ばなな×CHIE」/「オーシャンクロニクル」シリーズが大好評! 第一次世界大戦下のヨーロッパを舞台に描く大河ロマン――上田早夕里「リラと戦禍の風」/続々最終回!はらだみずき「名もなき風たち サッカーボーイズU17」、中山七里「笑えシャイロック」、鈴木光司「ユビキタス」、浅生鴨「猫たちの色メガネ」/好評連載!住野よる「青くて痛くて脆い」、藤井太洋「東京の子」、下村敦史「サハラの薔薇」、富樫倫太郎「警視庁特殊捜査班 SECRET MISSION」、赤川次郎「三世代探偵団 次の扉に棲む死神」、夢枕獏「蟲毒の城」、堀埜浩二「このアニソンを聴け」、今野敏「ヤメろと言われても!II」など

「文芸カドカワ」作品一覧

(31冊)

各450円 (+税)

まとめてカート

今が少し生きやすくなるヒント、ここにあります。吉本ばななさんと、タレントのCHIEさんが語る「変化する私」。――特別対談I(前編)「吉本ばなな×CHIE」/「オーシャンクロニクル」シリーズが大好評! 第一次世界大戦下のヨーロッパを舞台に描く大河ロマン――上田早夕里「リラと戦禍の風」/続々最終回!はらだみずき「名もなき風たち サッカーボーイズU17」、中山七里「笑えシャイロック」、鈴木光司「ユビキタス」、浅生鴨「猫たちの色メガネ」/好評連載!住野よる「青くて痛くて脆い」、藤井太洋「東京の子」、下村敦史「サハラの薔薇」、富樫倫太郎「警視庁特殊捜査班 SECRET MISSION」、赤川次郎「三世代探偵団 次の扉に棲む死神」、夢枕獏「蟲毒の城」、堀埜浩二「このアニソンを聴け」、今野敏「ヤメろと言われても!II」など

『君の膵臓をたべたい』の著者がおくる、みずみずしくも危うい青春小説! “彼女”を失った僕が、胸に秘めた決意とは…… 住野よる「青くて痛くて脆い」。警察組織の優秀な変人たちが集った組織――かつてない警察小説の誕生! 富樫倫太郎「警視庁特殊捜査班 SECRET MISSION」。ロボと猫のいるラーメン屋はきっとあなたのお近くに――。 浅生鴨「猫たちの色メガネ」。オリンピック後の東京で逃亡者たちを追うランナー、仮部諫牟(カリベイサム)は、行方不明のベトナム娘ファムの手がかりを探して大学に潜入するが――。 藤井太洋「東京の子」。ストリートの大先輩にして気鋭の評論家が案内する新しい音楽の世界。アニソンのなかの「多幸感」を「ようこそジャパリパークへ」からひもとく。 堀埜浩二「このアニソンを聴け!」。 今月の執筆陣:赤川次郎/浅生鴨/新井素子/今野敏/下村敦史/鈴木光司/住野よる/でんすけのかいぬし/富樫倫太郎/中山七里/はらだみずき/藤井太洋/堀埜浩二/夢枕獏

警察組織の優秀な変人たちが集った組織--かつてない警察小説の誕生! 富樫倫太郎「警視庁特殊捜査班 SECRET MISSION」。『君の膵臓をたべたい』の著者がおくる、みずみずしくも危うい青春小説! 自分に嘘をつきまくってとった内定。僕の心に去来するのは…… 住野よる「青くて痛くて脆い」。どうしても助けてほしいときに、応援してくれる存在は猫じゃなく……そう、あの人です! 浅生鴨「猫たちの色メガネ」。オリンピック後の東京で逃亡者たちを追うランナー、仮部諫牟(カリベイサム)は、行方不明のベトナム娘ファムの手がかりを探して大学に潜入するが--。藤井太洋「東京の子」。ストリートの大先輩にして気鋭の評論家が案内する新しい音楽の世界。今回はバンドとアイドルとアニメの愉しい三角関係について考察する。堀埜浩二「このアニソンを聴け!」。 今月の執筆陣:赤川次郎/浅生鴨/新井素子/今野敏/坂木司/下村敦史/鈴木光司/住野よる/でんすけのかいぬし/富樫倫太郎/中山七里/はらだみずき/藤井太洋/堀埜浩二/夢枕獏

「文芸カドカワ」の作品情報

レーベル
文芸カドカワ
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
文芸 雑誌 文芸誌 シリーズ予約
ページ数
451ページ (文芸カドカワ 2017年7月号)
配信開始日
2017年6月10日 (文芸カドカワ 2017年7月号)
対応端末
  • PCブラウザビューワー
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad