電子書籍 のっぺら 文芸・小説

著者: 霜島ケイ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

のっぺら あやかし同心捕物控え あらすじ・内容

五歳になる小春は、常々不思議に思うことがあった。どうして父上には目と鼻と口がないのかしら? 母上は、 「父上はのっぺらぼうだから」と言うけど、顔がなくても小春は父上のことが大好きだ――家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決する、妖怪捕物帖!

この作品を共有

「のっぺら」最新刊

江戸南町奉行所の定町廻り同心、柏木千太郎はのっぺらぼうだ。巷でも隠れた噂になっている「のっぺらぼうはどうやって飯を食っている?」という疑問。その答えは、特殊なひょうたんのおかげだった。しかし、その大事なひょうたんが何者かに盗まれてしまい…。千太郎、飢え死にの危機! ! 家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決。

「のっぺら」作品一覧

(2冊)

各550(税込)

まとめてカート

五歳になる小春は、常々不思議に思うことがあった。どうして父上には目と鼻と口がないのかしら? 母上は、 「父上はのっぺらぼうだから」と言うけど、顔がなくても小春は父上のことが大好きだ――家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決する、妖怪捕物帖!

江戸南町奉行所の定町廻り同心、柏木千太郎はのっぺらぼうだ。巷でも隠れた噂になっている「のっぺらぼうはどうやって飯を食っている?」という疑問。その答えは、特殊なひょうたんのおかげだった。しかし、その大事なひょうたんが何者かに盗まれてしまい…。千太郎、飢え死にの危機! ! 家族と人間の仲間に囲まれた心優しいのっぺらぼう千太郎が、鋭い勘と特殊な能力で巷の事件を解決。

「のっぺら」の作品情報

レーベル
モノノケ文庫
出版社
廣済堂出版
ジャンル
文芸・小説 時代小説 ファンタジー 歴史
ページ数
218ページ (のっぺら あやかし同心捕物控え)
配信開始日
2014年10月5日 (のっぺら あやかし同心捕物控え)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad