電子書籍 東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う(新潮文庫) ラノベ

著: 中西 鼎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う(新潮文庫) あらすじ・内容

軽音部室で殺された女の子、ミズ。それから五年、抜け殻のような日々を過ごしていた僕の前に、彼女は突然現れた。「同窓会を開きなよ」高校生の姿のまま、僕にしか見えない彼女に振り回されて、あの日から止まったままの時間が再び動き始める。痛みも後悔も乗り越えて、燦(きら)めく彼女の笑顔の側で、僕はその死の真相に辿り着く。大人になりきれないすべての人に贈る、恋と青春の物語。

この作品を共有

「東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う(新潮文庫)」最新刊

軽音部室で殺された女の子、ミズ。それから五年、抜け殻のような日々を過ごしていた僕の前に、彼女は突然現れた。「同窓会を開きなよ」高校生の姿のまま、僕にしか見えない彼女に振り回されて、あの日から止まったままの時間が再び動き始める。痛みも後悔も乗り越えて、燦(きら)めく彼女の笑顔の側で、僕はその死の真相に辿り着く。大人になりきれないすべての人に贈る、恋と青春の物語。

「東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う(新潮文庫)」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
ライトノベル
ページ数
280ページ (東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う(新潮文庫))
配信開始日
2019年8月9日 (東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う(新潮文庫))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad