電子書籍 この夏のこともどうせ忘れる(ポプラ文庫ピュアフル) 文芸・小説

著: 深沢仁  イラスト: 絵津鼓 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この夏のこともどうせ忘れる あらすじ・内容

高校三年、受験生の圭人は塾の夏季合宿に参加し、学校で同じクラスの香乃と同室になる。苦手なグループにいる相手を窮屈に感じていたが、眠れない夜を過ごすうち、圭人は香乃にある秘密を知られてしまう――「空と窒息」など書き下ろし5編。
夏休みという長い非日常、いつもと違う場所で出会い、交流する二人。暑さに眩む視界と思考の中で、変わっていく関係を描く。記憶に濃い影を落とすような青春小説。

この作品を共有

「この夏のこともどうせ忘れる(ポプラ文庫ピュアフル)」最新刊

高校三年、受験生の圭人は塾の夏季合宿に参加し、学校で同じクラスの香乃と同室になる。苦手なグループにいる相手を窮屈に感じていたが、眠れない夜を過ごすうち、圭人は香乃にある秘密を知られてしまう――「空と窒息」など書き下ろし5編。
夏休みという長い非日常、いつもと違う場所で出会い、交流する二人。暑さに眩む視界と思考の中で、変わっていく関係を描く。記憶に濃い影を落とすような青春小説。

「この夏のこともどうせ忘れる(ポプラ文庫ピュアフル)」の作品情報

レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
出版社
ポプラ社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
245ページ (この夏のこともどうせ忘れる)
配信開始日
2019年8月9日 (この夏のこともどうせ忘れる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad