電子書籍 警視庁公安部・片野坂彰シリーズ(文春文庫) 文芸・小説

著: 濱嘉之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾 あらすじ・内容

リアル公安小説の新シリーズ始動!
この男、天才か、変人か? 若き国際派公安マンが日本を守る!

「この国に真の諜報組織をつくれ!」。
警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片野坂彰。
最強の先輩情報官と、音大出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。

最初の事件は、国境を望む対馬。
一撃で三人を殺した黒幕は――。

大人気の青山望シリーズに続く、公安小説の最先端!

この作品を共有

「警視庁公安部・片野坂彰シリーズ(文春文庫)」最新刊

リアル公安小説の新シリーズ始動!
この男、天才か、変人か? 若き国際派公安マンが日本を守る!

「この国に真の諜報組織をつくれ!」。
警視庁公安部長の密命を受けた、国際派の若きキャリア公安マン片野坂彰。
最強の先輩情報官と、音大出身で三か国語を操る女性捜査官を相棒に、特捜チームが始動する。

最初の事件は、国境を望む対馬。
一撃で三人を殺した黒幕は――。

大人気の青山望シリーズに続く、公安小説の最先端!

「警視庁公安部・片野坂彰シリーズ(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
373ページ (警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾)
配信開始日
2019年8月6日 (警視庁公安部・片野坂彰 国境の銃弾)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad