電子書籍 7人目の子 文芸・小説

著: エーリク・ヴァレア  訳者: 長谷川圭 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

7人目の子(上) あらすじ・内容

誰かぼくたちをもらってくれますか?――児童養護院の一室で撮られた7人の幼子の写真。それが載った古い記事とベビーソックスの入った封筒が、デンマーク国務省に届く。中に養子縁組申請書も同封されていた。項目欄には「ヨーン・ビエルグストラン」という名前。この子は誰の養子になり、なぜこれがここに? 局長長官はおそれを抱く。彼自身、養護院の秘密を隠しており……北欧最高のミステリ賞〈ガラスの鍵〉賞受賞。

この作品を共有

「7人目の子」最新刊

砂浜に横たわる“不可解な”女性の死体。周りには、ロープ、木の枝、難解なSF小説、首が折れたカナリアの死骸――事件は解明されず捜査は打ち切られた。だが数年後、重大な見落しが発覚する。女性のポケット内の写真にうつっていたのはデンマークで最も権威のある児童養護院だったのだ……施設をめぐり大人が隠してきた秘密、幼子を翻弄してきた秘密が明らかに。著者自身の経験をもとにしたデンマークのベストセラー。

「7人目の子」作品一覧

(2冊)

各935(税込)

まとめてカート

誰かぼくたちをもらってくれますか?――児童養護院の一室で撮られた7人の幼子の写真。それが載った古い記事とベビーソックスの入った封筒が、デンマーク国務省に届く。中に養子縁組申請書も同封されていた。項目欄には「ヨーン・ビエルグストラン」という名前。この子は誰の養子になり、なぜこれがここに? 局長長官はおそれを抱く。彼自身、養護院の秘密を隠しており……北欧最高のミステリ賞〈ガラスの鍵〉賞受賞。

砂浜に横たわる“不可解な”女性の死体。周りには、ロープ、木の枝、難解なSF小説、首が折れたカナリアの死骸――事件は解明されず捜査は打ち切られた。だが数年後、重大な見落しが発覚する。女性のポケット内の写真にうつっていたのはデンマークで最も権威のある児童養護院だったのだ……施設をめぐり大人が隠してきた秘密、幼子を翻弄してきた秘密が明らかに。著者自身の経験をもとにしたデンマークのベストセラー。

「7人目の子」の作品情報

レーベル
ハヤカワ・ミステリ文庫
出版社
早川書房
ジャンル
文芸・小説 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス 推理
ページ数
468ページ (7人目の子(上))
配信開始日
2014年12月4日 (7人目の子(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad