電子書籍 開門銃の外交官と、竜の国の大使館(ファミ通文庫) ラノベ

著者: 深見真  イラスト: メロントマリ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

55ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

開門銃の外交官と、竜の国の大使館 あらすじ・内容

人間を救う鍵は――召喚と外交!? 深見 真、最新作登場!! 銃と召喚、そして外交の力が交錯するバトル・ファンタジー!

召喚機兵を呼び出す力〈星の輝き〉を持たずに生まれた少年ユーヤ。彼は「選ばれなかった」自身の運命を悲観することなく、相棒のミーシャと共に「選ばれた」人々を守る警護官となる。ある日、彼らは人間族の中では稀な〈星の輝き〉を持つ者で、巨大な開門銃を携える外交官の少女シズナの護衛のため、竜神族の国ドラコニドへ向かうことに。そこでユーヤ達は種族間の対立、陰謀に巻き込まれ――。銃と召喚、そして外交の力が交錯するバトル・ファンタジー!

この作品を共有

「開門銃の外交官と、竜の国の大使館(ファミ通文庫)」最新刊

召喚機兵を呼び出す力〈星の輝き〉を持たずに生まれた少年ユーヤ。彼は「選ばれなかった」自身の運命を悲観することなく、相棒のミーシャと共に「選ばれた」人々を守る警護官となる。ある日、彼らは人間族の中では稀な〈星の輝き〉を持つ者で、巨大な開門銃を携える外交官の少女シズナの護衛のため、竜神族の国ドラコニドへ向かうことに。そこでユーヤ達は種族間の対立、陰謀に巻き込まれ――。銃と召喚、そして外交の力が交錯するバトル・ファンタジー!

「開門銃の外交官と、竜の国の大使館(ファミ通文庫)」の作品情報

レーベル
ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
279ページ (開門銃の外交官と、竜の国の大使館)
配信開始日
2014年12月26日 (開門銃の外交官と、竜の国の大使館)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad