電子書籍 トランプに学ぶ 現状打破の鉄則(プレジデント社) 実用

著: 橋下徹 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

トランプに学ぶ 現状打破の鉄則 あらすじ・内容

【内容紹介】
NO1ビジネス誌プレジデント 2019年この1冊

●難関にぶつかって立ち往生するすべての人へ

金正恩とも、政敵とも「脅し」と「笑顔」で次々とディールに成功。NYダウはなんと史上最高値を更新した。
メディアの印象操作とは裏腹に次々と実績を残す「トランプ式交渉術」をわかりやすく、刺激的に、解き明かします。

【著者紹介】
大阪府立北野高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。1998年、橋下綜合法律事務所を開設。
2008年に38歳で大阪府知事、2011年に大阪市長に就任。大阪府庁1万人、大阪市役所3万8000人の組織を動かし、絶対に実現不可能と言われた大阪都構想住民投票の実施や行政組織・財政改革などを実行。2015年、大阪市長を任期満了で退任。
現在は弁護士、タレントとして活動。著書に『橋下徹の「問題解決の授業」 大炎上知事編』、『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』、『政権奪取論 強い野党の作り方』、『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。』など。
公式メールマガジン『学者やコンサルでは伝えられない 橋下徹の「問題解決の授業」』、公式オンラインサロン『橋下徹の激辛政経ゼミ』。

【目次抜粋】
CASE1 トランプの行動には現状打破の鉄則が詰まっている
CASE2 トランプなら今の日韓関係の問題をどう解決するか
CASE3 なぜトランプは大批判の中で健闘できたのか
CASE4 トランプに負けたのはヒラリーじゃない。自称インテリだ
CASE5 トランプ大統領と新聞・テレビのバトルをどう見るか
CASE6 世界規模の批判にも屈しないトランプは本物の政治家だ
CASE7 トランプにしかできない神業的人間関係構築術とは
CASE8 トランプと金正恩との間に芽生えたある種のリスペクト

この作品を共有

「トランプに学ぶ 現状打破の鉄則(プレジデント社)」最新刊

【内容紹介】
NO1ビジネス誌プレジデント 2019年この1冊

●難関にぶつかって立ち往生するすべての人へ

金正恩とも、政敵とも「脅し」と「笑顔」で次々とディールに成功。NYダウはなんと史上最高値を更新した。
メディアの印象操作とは裏腹に次々と実績を残す「トランプ式交渉術」をわかりやすく、刺激的に、解き明かします。

【著者紹介】
大阪府立北野高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。1998年、橋下綜合法律事務所を開設。
2008年に38歳で大阪府知事、2011年に大阪市長に就任。大阪府庁1万人、大阪市役所3万8000人の組織を動かし、絶対に実現不可能と言われた大阪都構想住民投票の実施や行政組織・財政改革などを実行。2015年、大阪市長を任期満了で退任。
現在は弁護士、タレントとして活動。著書に『橋下徹の「問題解決の授業」 大炎上知事編』、『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』、『政権奪取論 強い野党の作り方』、『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。』など。
公式メールマガジン『学者やコンサルでは伝えられない 橋下徹の「問題解決の授業」』、公式オンラインサロン『橋下徹の激辛政経ゼミ』。

【目次抜粋】
CASE1 トランプの行動には現状打破の鉄則が詰まっている
CASE2 トランプなら今の日韓関係の問題をどう解決するか
CASE3 なぜトランプは大批判の中で健闘できたのか
CASE4 トランプに負けたのはヒラリーじゃない。自称インテリだ
CASE5 トランプ大統領と新聞・テレビのバトルをどう見るか
CASE6 世界規模の批判にも屈しないトランプは本物の政治家だ
CASE7 トランプにしかできない神業的人間関係構築術とは
CASE8 トランプと金正恩との間に芽生えたある種のリスペクト

「トランプに学ぶ 現状打破の鉄則(プレジデント社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 政治 社会 経済
ページ数
193ページ (トランプに学ぶ 現状打破の鉄則)
配信開始日
2019年8月14日 (トランプに学ぶ 現状打破の鉄則)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad