電子書籍 巨乳孕ませ温泉 〈湯の村は~れむ滞在記〉(ぷちぱら文庫) 文芸・小説

原作: オーバードーズ  著: 須々木鮎尾  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

巨乳孕ませ温泉 〈湯の村は~れむ滞在記〉 あらすじ・内容

従姉で医学者の知実に連れられ雅彦がやってきたのは田舎の温泉地。
名物『子授かりの湯』の効能が消えた原因を探るため、村に三人だけの独身者である優菜、羽月、志津に案内されて、源となる泉へ潜ることになった。
泉は雅彦の機転によりその効果を取り戻したが、そのせいで溺れかけた彼と、それを助けるため飛び込んだ村娘たちは高濃度の成分を浴びてしまう。
そしてその夜、四人の身体に異変が起こり…。

この作品を共有

「巨乳孕ませ温泉 〈湯の村は~れむ滞在記〉(ぷちぱら文庫)」最新刊

従姉で医学者の知実に連れられ雅彦がやってきたのは田舎の温泉地。
名物『子授かりの湯』の効能が消えた原因を探るため、村に三人だけの独身者である優菜、羽月、志津に案内されて、源となる泉へ潜ることになった。
泉は雅彦の機転によりその効果を取り戻したが、そのせいで溺れかけた彼と、それを助けるため飛び込んだ村娘たちは高濃度の成分を浴びてしまう。
そしてその夜、四人の身体に異変が起こり…。

「巨乳孕ませ温泉 〈湯の村は~れむ滞在記〉(ぷちぱら文庫)」の作品情報

レーベル
ぷちぱら文庫
出版社
パラダイム
ジャンル
文芸・小説 男性向け 官能 官能小説
ページ数
261ページ (巨乳孕ませ温泉 〈湯の村は~れむ滞在記〉)
配信開始日
2019年8月26日 (巨乳孕ませ温泉 〈湯の村は~れむ滞在記〉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad