電子書籍 ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車(わくわくライブラリー) 文芸・小説

作: 小手鞠るい  絵: くまあやこ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車 あらすじ・内容

ねこの町の小さなホテルの古い別館でハロウィンパーティがひらかれることに。そこで会場になる古い別館の修理を頼まれ、ホテルに泊まっていた犬の大工ハリソンさんは、ある夜わすれものをとりに館へ戻ると、誰もいないはずの館から、なぜか明かりがもれて中から賑やかな笑い声が聞こえてきて……!(漢字にはすべてルビつき)一般書だけでなく児童書でも活躍中の小手鞠るい氏「ねこの町と犬の村」シリーズ第4弾!今回のお仕事のお話は、たくさんの人が働いておもてなしをするホテルでの心温まるハロウィンのお話です。

この作品を共有

「ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車(わくわくライブラリー)」最新刊

ねこの町の小さなホテルの古い別館でハロウィンパーティがひらかれることに。そこで会場になる古い別館の修理を頼まれ、ホテルに泊まっていた犬の大工ハリソンさんは、ある夜わすれものをとりに館へ戻ると、誰もいないはずの館から、なぜか明かりがもれて中から賑やかな笑い声が聞こえてきて……!(漢字にはすべてルビつき)一般書だけでなく児童書でも活躍中の小手鞠るい氏「ねこの町と犬の村」シリーズ第4弾!今回のお仕事のお話は、たくさんの人が働いておもてなしをするホテルでの心温まるハロウィンのお話です。

「ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車(わくわくライブラリー)」の作品情報

レーベル
わくわくライブラリー
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 児童文学・童話・絵本
ページ数
87ページ (ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車)
配信開始日
2019年9月4日 (ねこの町のホテル プチモンド ハロウィンとかぼちゃの馬車)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad