電子書籍 盲剣楼奇譚(文春e-Books) 文芸・小説

著: 島田荘司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

45ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

盲剣楼奇譚 あらすじ・内容

吉敷刑事が見た美剣士の幽霊画の秘密とは?
「吉敷竹史シリーズ」二十年振りの新作長篇!

江戸時代から続く金沢の芸者置屋・盲剣楼で、終戦直後の昭和二十年九月に血腥い大量斬殺事件が発生した。
軍人くずれの無頼の徒が楼を襲撃、出入り口も窓も封鎖されて密室状態となった中で乱暴狼藉の限りを尽くす五人の男たちを、一瞬にして斬り殺した謎の美剣士。
それは盲剣楼の庭先の祠に祀られた伝説の剣客“盲剣さま”だったのか?
七十余年を経て起きた誘拐事件をきっかけに、驚くべき真相が明かされる!

加賀百万石から終戦直後の混乱期、そして現在へと続く謎の連鎖。
怒涛の1300枚!

この作品を共有

「盲剣楼奇譚(文春e-Books)」最新刊

吉敷刑事が見た美剣士の幽霊画の秘密とは?
「吉敷竹史シリーズ」二十年振りの新作長篇!

江戸時代から続く金沢の芸者置屋・盲剣楼で、終戦直後の昭和二十年九月に血腥い大量斬殺事件が発生した。
軍人くずれの無頼の徒が楼を襲撃、出入り口も窓も封鎖されて密室状態となった中で乱暴狼藉の限りを尽くす五人の男たちを、一瞬にして斬り殺した謎の美剣士。
それは盲剣楼の庭先の祠に祀られた伝説の剣客“盲剣さま”だったのか?
七十余年を経て起きた誘拐事件をきっかけに、驚くべき真相が明かされる!

加賀百万石から終戦直後の混乱期、そして現在へと続く謎の連鎖。
怒涛の1300枚!

「盲剣楼奇譚(文春e-Books)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
917ページ (盲剣楼奇譚)
配信開始日
2019年8月28日 (盲剣楼奇譚)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad