電子書籍 異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー(LINE文庫) ラノベ

著: 月夜涙  イラスト: 切符 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー あらすじ・内容

甘さを忘れた異世界の街を、天才パティシエが生まれ変わらせる――!


天才パティシエと称され、若くして有名店の看板となった西野淳。
賞賛されながらも、どこか満たされない日々を過ごしていた。
そんなある日疲労から意識を失い、目が覚めるとそこは異世界だった。
その異世界の街は以前までありとあらゆる贅を禁止されており、改正された今でも砂糖は見向きもされなくなっていた。
途方に暮れていた淳だが、この街唯一の洋菓子店と出会い働かせてもらうことに。
甘さを忘れた街に、菓子の美味しさと楽しさを教えようとする人たちの出会いで情熱を取り戻す。
甘さを忘れた街を天才パティシエの生み出す菓子が変えていく――。

この作品を共有

「異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー(LINE文庫)」最新刊

甘さを忘れた異世界の街を、天才パティシエが生まれ変わらせる――!


天才パティシエと称され、若くして有名店の看板となった西野淳。
賞賛されながらも、どこか満たされない日々を過ごしていた。
そんなある日疲労から意識を失い、目が覚めるとそこは異世界だった。
その異世界の街は以前までありとあらゆる贅を禁止されており、改正された今でも砂糖は見向きもされなくなっていた。
途方に暮れていた淳だが、この街唯一の洋菓子店と出会い働かせてもらうことに。
甘さを忘れた街に、菓子の美味しさと楽しさを教えようとする人たちの出会いで情熱を取り戻す。
甘さを忘れた街を天才パティシエの生み出す菓子が変えていく――。

「異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー(LINE文庫)」の作品情報

レーベル
LINE文庫
出版社
LINE
ジャンル
ライトノベル 異世界系作品
ページ数
178ページ (異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー)
配信開始日
2019年9月5日 (異世界洋菓子店フォックステイル ラベンダー香る、甘さを忘れた街唯一のパティスリー)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad