電子書籍 がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~(光文社新書) 新書

著: 広津崇亮 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~ あらすじ・内容

2015年3月、「線虫が、非常に高い精度でがん患者の尿の匂いを嗅ぎ当てる」という論文が米科学誌に掲載された。九州大学の研究者であった著者は、その後起業し、実用化に向けた研究と普及活動に邁進してきた。たった尿一滴で早期がんが検知されることで、がん治療はどう変わるのか。検査に機械ではなく生物を用いる「生物診断」の可能性は。注目の研究者・経営者が、自身の歩みや、がん検診とがん治療の今後の展望を伝える。

この作品を共有

「がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~(光文社新書)」最新刊

2015年3月、「線虫が、非常に高い精度でがん患者の尿の匂いを嗅ぎ当てる」という論文が米科学誌に掲載された。九州大学の研究者であった著者は、その後起業し、実用化に向けた研究と普及活動に邁進してきた。たった尿一滴で早期がんが検知されることで、がん治療はどう変わるのか。検査に機械ではなく生物を用いる「生物診断」の可能性は。注目の研究者・経営者が、自身の歩みや、がん検診とがん治療の今後の展望を伝える。

「がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~(光文社新書)」の作品情報

レーベル
光文社新書
出版社
光文社
ジャンル
新書 医学・薬学
ページ数
246ページ (がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~)
配信開始日
2019年8月30日 (がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad