電子書籍 「誉れの子」と戦争 愛国プロパガンダと子どもたち(中央公論新社) 実用

著: 斉藤利彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「誉れの子」と戦争 愛国プロパガンダと子どもたち あらすじ・内容

「誉れの子」「靖国の遺児」と呼ばれた戦没日本兵の子どもたち。戦時下にあって、毎年五千人を超える彼らが、全国各地から靖国神社に参集したという「社頭の対面」。この一大行事を通して、国家は何を意図し、どのような効果を及ぼそうとしたのか。肉親の死を、国家への絶対的忠誠へと転化し、さらに戦意昂揚の一翼を担わされていくという、子どもたちが負った過酷な戦争の一断面を、豊富な一次資料と証言を通して明らかにする。

この作品を共有

「「誉れの子」と戦争 愛国プロパガンダと子どもたち(中央公論新社)」最新刊

「誉れの子」「靖国の遺児」と呼ばれた戦没日本兵の子どもたち。戦時下にあって、毎年五千人を超える彼らが、全国各地から靖国神社に参集したという「社頭の対面」。この一大行事を通して、国家は何を意図し、どのような効果を及ぼそうとしたのか。肉親の死を、国家への絶対的忠誠へと転化し、さらに戦意昂揚の一翼を担わされていくという、子どもたちが負った過酷な戦争の一断面を、豊富な一次資料と証言を通して明らかにする。

「「誉れの子」と戦争 愛国プロパガンダと子どもたち(中央公論新社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 戦記 歴史 教育
ページ数
230ページ (「誉れの子」と戦争 愛国プロパガンダと子どもたち)
配信開始日
2019年8月30日 (「誉れの子」と戦争 愛国プロパガンダと子どもたち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad