電子書籍 明智光秀をめぐる武将列伝(文春文庫) 文芸・小説

著: 海音寺潮五郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

明智光秀をめぐる武将列伝 あらすじ・内容

2020NHK大河ドラマ「麒麟がくる」をより面白く!
名著『武将列伝』から光秀ほか六人の武将を抜粋した特別編集版。

戦国史上最大の逆臣と言われる明智光秀。
信長に仕えて以降は詳しく伝えられているが、その出自と最期は判然としない。
そこに改めて光を当てたのが海音寺潮五郎。
名著『武将列伝』から光秀自身と、彼に関わる武将の列伝を新たに編んだのが本書である。
斎藤道三、織田信長、 豊臣秀吉、前田利家、明智光秀、黒田如水、徳川家康の七人を収録する。

この作品を共有

「明智光秀をめぐる武将列伝(文春文庫)」最新刊

2020NHK大河ドラマ「麒麟がくる」をより面白く!
名著『武将列伝』から光秀ほか六人の武将を抜粋した特別編集版。

戦国史上最大の逆臣と言われる明智光秀。
信長に仕えて以降は詳しく伝えられているが、その出自と最期は判然としない。
そこに改めて光を当てたのが海音寺潮五郎。
名著『武将列伝』から光秀自身と、彼に関わる武将の列伝を新たに編んだのが本書である。
斎藤道三、織田信長、 豊臣秀吉、前田利家、明智光秀、黒田如水、徳川家康の七人を収録する。

「明智光秀をめぐる武将列伝(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
425ページ (明智光秀をめぐる武将列伝)
配信開始日
2019年9月3日 (明智光秀をめぐる武将列伝)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad