電子書籍 天狗藤吉郎(講談社文庫) 文芸・小説

著: 山田智彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天狗藤吉郎 上 あらすじ・内容

藤吉郎は5歳にして、木曾山中に隠れ住む天狗党に預けられた。2年間、忍者と同じ修行を積み、読み書きも習った。その後、各地を放浪し、裏切りに会い、苦労を重ねた末に、ついに織田信長と出会う。藤吉郎は要領のよさと才覚で出世していくが、その陰には、天狗党時代から彼を見守ってきた山の民・三郎太の援助があった。

この作品を共有

「天狗藤吉郎(講談社文庫)」最新刊

織田信長の家来として、徐々に頭角を現してきた藤吉郎は、今川軍を破った桶狭間の戦いでも、山の民・天狗党の密かな活躍があったことを知っていた。彼らの応援を受け、墨俣一夜城も築く。ねねを妻に迎え、一城の主となった藤吉郎、貧困と忍耐を経て、栄光へ一歩踏み出した。豊臣秀吉の若き時代を描いた、異色の時代長編。挫折、欲望、成功……中間管理職ともいえる秀吉の実像を、経済小説のスペシャリストが描く! 出世の陰には意外な助っ人!

「天狗藤吉郎(講談社文庫)」作品一覧

(2冊)

各880(税込)

まとめてカート

藤吉郎は5歳にして、木曾山中に隠れ住む天狗党に預けられた。2年間、忍者と同じ修行を積み、読み書きも習った。その後、各地を放浪し、裏切りに会い、苦労を重ねた末に、ついに織田信長と出会う。藤吉郎は要領のよさと才覚で出世していくが、その陰には、天狗党時代から彼を見守ってきた山の民・三郎太の援助があった。

織田信長の家来として、徐々に頭角を現してきた藤吉郎は、今川軍を破った桶狭間の戦いでも、山の民・天狗党の密かな活躍があったことを知っていた。彼らの応援を受け、墨俣一夜城も築く。ねねを妻に迎え、一城の主となった藤吉郎、貧困と忍耐を経て、栄光へ一歩踏み出した。豊臣秀吉の若き時代を描いた、異色の時代長編。挫折、欲望、成功……中間管理職ともいえる秀吉の実像を、経済小説のスペシャリストが描く! 出世の陰には意外な助っ人!

「天狗藤吉郎(講談社文庫)」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 歴史 時代小説
ページ数
489ページ (天狗藤吉郎 上)
配信開始日
2019年9月13日 (天狗藤吉郎 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad