電子書籍 狙撃手のゲーム(扶桑社BOOKSミステリー) 文芸・小説

著者: スティーヴン・ハンター  訳者: 公手成幸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

狙撃手のゲーム(上) あらすじ・内容

ボブ・リー・スワガー・シリーズ待望の最新作、登場!
狙撃手×狙撃手、息詰まる死闘を見逃すな!

●あらすじ
アイダホで隠棲中のボブ・リー・スワガーを、ひとりの女性が訪ねてくる。彼女の名前はジャネット・マクダウェル。2013年にイラクの戦地で息子を射殺した敵軍のスナイパーをずっと追い続けているという。その男こそ「ジューバ・ザ・スナイパー」の異名で恐れられてきた、凄腕のシリア人テロリストだった。
アラブ諸国でジャネットが歩んできた壮絶な体験を聞いて胸を打たれたボブは、あくまで調査への協力としながらも、情報収集のためテルアヴィブに飛び、モサドの高官と面会することに――。


「『ジャッカルの日』と並べおくべき一書。それほどに素晴らしい」(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)

この作品を共有

「狙撃手のゲーム(扶桑社BOOKSミステリー)」最新刊

『極大射程』をしのぐ衝撃のスナイプ・アクション! 最凶の聖戦の戦士[ジューバ]、アメリカ本土上陸。
伝説のスナイパー、ボブ・リー・スワガー、決死の追撃戦!


●あらすじ
ボブの分析をもとに割り出されたジューバの拠点にイスラエル軍が急襲をかけるも、軍はすんでのところで彼を取り逃がしてしまう。その後、消息を断ったジューバが向かったのは、まさかのアメリカだったとの情報が。
イスラム最強の天才シューターが狙う標的とはいったい誰なのか。射撃決行の場所と時間は? マンハントの最前線に復帰したボブが体験する壮絶な追跡劇。そして、やがて訪れる「狩りのとき」、二人の放つ必殺の銃弾がうなりを上げる! 巨匠の新たなる代表作がここに誕生!
【解説・野崎六助】

「狙撃手のゲーム(扶桑社BOOKSミステリー)」作品一覧

(2冊)

各1,078(税込)

まとめてカート

ボブ・リー・スワガー・シリーズ待望の最新作、登場!
狙撃手×狙撃手、息詰まる死闘を見逃すな!

●あらすじ
アイダホで隠棲中のボブ・リー・スワガーを、ひとりの女性が訪ねてくる。彼女の名前はジャネット・マクダウェル。2013年にイラクの戦地で息子を射殺した敵軍のスナイパーをずっと追い続けているという。その男こそ「ジューバ・ザ・スナイパー」の異名で恐れられてきた、凄腕のシリア人テロリストだった。
アラブ諸国でジャネットが歩んできた壮絶な体験を聞いて胸を打たれたボブは、あくまで調査への協力としながらも、情報収集のためテルアヴィブに飛び、モサドの高官と面会することに――。


「『ジャッカルの日』と並べおくべき一書。それほどに素晴らしい」(パブリッシャーズ・ウィークリー誌)

『極大射程』をしのぐ衝撃のスナイプ・アクション! 最凶の聖戦の戦士[ジューバ]、アメリカ本土上陸。
伝説のスナイパー、ボブ・リー・スワガー、決死の追撃戦!


●あらすじ
ボブの分析をもとに割り出されたジューバの拠点にイスラエル軍が急襲をかけるも、軍はすんでのところで彼を取り逃がしてしまう。その後、消息を断ったジューバが向かったのは、まさかのアメリカだったとの情報が。
イスラム最強の天才シューターが狙う標的とはいったい誰なのか。射撃決行の場所と時間は? マンハントの最前線に復帰したボブが体験する壮絶な追跡劇。そして、やがて訪れる「狩りのとき」、二人の放つ必殺の銃弾がうなりを上げる! 巨匠の新たなる代表作がここに誕生!
【解説・野崎六助】

「狙撃手のゲーム(扶桑社BOOKSミステリー)」の作品情報

レーベル
扶桑社BOOKSミステリー
出版社
扶桑社
ジャンル
文芸・小説 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
344ページ (狙撃手のゲーム(上))
配信開始日
2019年9月6日 (狙撃手のゲーム(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad