電子書籍 王の侍女(ヨコ書き) ラノベ

著者: 如月皐  イラスト: 倉橋ノアン 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

王の侍女 前編 ヨコ書き あらすじ・内容

この世界でもう一度、生きてごらん

社会人の小春は職場でいじめられ、すべてを絶望して窓から飛び降り自殺してしまう。
しかし死んだと思っていた小春は再び目を覚ました。
見慣れない景色に困惑する中、小春は“天王”達が君臨する常世の世界に来たことを知る。
ここは死に直面した者達が流される常世の国。「人の子」と呼ばれる者達を束ねる人の王・雅格の侍女として働く中、小春は様々な人々と出会う。
もう一度生きろ。そう言われた小春の、本当のプロローグが始まる。

この作品を共有

「王の侍女(ヨコ書き)」最新刊

飢えの広がる青の国を立て直すため、アレンは腐敗した官を一掃し、現状を素直に天王の会議で話す。
青の国は徐々に豊になるが、同時に黒の国は衰退していった。
黒と青の動きに、常世を司る天王・エヴァンが遂に動く。
命と矜持。光と闇。アレンと時雨は互いの感情をぶつけ合う。そして訪れる、永遠の別離……。
誰もに慕われ愛される青の天王・アレンが最初に歩んだ物語、完結。

「王の侍女(ヨコ書き)」作品一覧

(4冊)

各110(税込)

まとめてカート

社会人の小春は職場でいじめられ、すべてを絶望して窓から飛び降り自殺してしまう。
しかし死んだと思っていた小春は再び目を覚ました。
見慣れない景色に困惑する中、小春は“天王”達が君臨する常世の世界に来たことを知る。
ここは死に直面した者達が流される常世の国。「人の子」と呼ばれる者達を束ねる人の王・雅格の侍女として働く中、小春は様々な人々と出会う。
もう一度生きろ。そう言われた小春の、本当のプロローグが始まる。

人の国に不穏な動きがある中、小春たちは青の宮殿に集まった。
明かされる事実に困惑していると、一羽の鳥が来たことで事態が一変する。
真っ赤に燃える赤の宮殿。聞こえてくる悲鳴。
そして、遂に闇がその姿を現した。
生きなさい。その言葉に、小春の出した答えとは――……。

荒れ果てた地で、もう指一本動かすこともできずに横たわる痩せこけた子供に銀の獣はそう問いかけた。
もう何も持っていない子供に、力を貸してほしいと美しい獣は言う。
「私にできることが、ありますか?」と問いかける声に獣は答えた。「あなたにしか、できないことがあります」と。
「王の侍女」から数百年も前。青の天王・アレンが君臨した、その最初の物語。

「王の侍女(ヨコ書き)」の作品情報

レーベル
十時(如月 皐)
出版社
十時(如月 皐)
ジャンル
ライトノベル ファンタジー ダイレクト出版 同人誌・個人出版 SF
ページ数
136ページ (王の侍女 前編 ヨコ書き)
配信開始日
2019年4月23日 (王の侍女 前編 ヨコ書き)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad