電子書籍 明治はいから洋食お嬢さま(LINE文庫) 文芸・小説

著: 遠藤遼  イラスト: pon-marsh 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

明治はいから洋食お嬢さま あらすじ・内容

「おいしい」
その言葉は、人生を変える。

――時は明治。
子爵の娘ながら剣道や柔道が達者なおてんば女学生・花城沙織は、ある日、女学校のマナー講習で「安くて美味しい」がモットーの大衆洋食の名店《自由軒》のシェフ・草林寛治が作った洋食を口にする。
そのあまりの美味しさに言葉を失った沙織は、「みんなを笑顔にする美味しい料理を作って、自分の店を開く」という大志を抱き、《自由軒》の門を叩く。
なかなか寛治に弟子入りを認めてもらえない沙織だったが、再三通い詰める沙織の熱意と、彼女の持つ「一度食べたメニューを自分の手で再現できる」という才能を買われ、なんとか弟子入りを認めてもらえることに。
厳しくも充実した修行の日々が始まった――のだが、その姿を見ていたクラスメイトで公家の血を引くお嬢様・西園寺みさに、華族の令嬢がすることではないと揶揄されてしまい……⁉

この作品を共有

「明治はいから洋食お嬢さま(LINE文庫)」最新刊

「おいしい」
その言葉は、人生を変える。

――時は明治。
子爵の娘ながら剣道や柔道が達者なおてんば女学生・花城沙織は、ある日、女学校のマナー講習で「安くて美味しい」がモットーの大衆洋食の名店《自由軒》のシェフ・草林寛治が作った洋食を口にする。
そのあまりの美味しさに言葉を失った沙織は、「みんなを笑顔にする美味しい料理を作って、自分の店を開く」という大志を抱き、《自由軒》の門を叩く。
なかなか寛治に弟子入りを認めてもらえない沙織だったが、再三通い詰める沙織の熱意と、彼女の持つ「一度食べたメニューを自分の手で再現できる」という才能を買われ、なんとか弟子入りを認めてもらえることに。
厳しくも充実した修行の日々が始まった――のだが、その姿を見ていたクラスメイトで公家の血を引くお嬢様・西園寺みさに、華族の令嬢がすることではないと揶揄されてしまい……⁉

「明治はいから洋食お嬢さま(LINE文庫)」の作品情報

レーベル
LINE文庫
出版社
LINE
ジャンル
文芸・小説
ページ数
279ページ (明治はいから洋食お嬢さま)
配信開始日
2019年10月4日 (明治はいから洋食お嬢さま)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad