電子書籍 千石社シリーズ(文春文庫) 文芸・小説

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

プリティが多すぎる あらすじ・内容

総合出版社で文芸部門を志望していたのに少女向けファッション誌に配属された南吉くんこと新見佳孝、26歳。女の子の憧れが詰まった誌面は勝手が異なり失敗の連続だが、先輩編集者にカメラマン、スタイリスト、十代の少女モデルたちのプロ精神に触れながら次第に新見は変わっていく――。舞台裏のドラマを描くお仕事成長物語!

この作品を共有

「千石社シリーズ(文春文庫)」最新刊

野球もサッカーもとんと知らない私がどうしてスポーツ雑誌編集部に!?
ドラマ化で人気の〈千石社〉シリーズ、次なる舞台はスポーツ誌。

子供の頃にスイミングスクールに通っていたものの、ある事情で遠ざかり、以来スポーツとは無縁で過ごしてきた目黒明日香。
出版社勤務三年目にして青天の霹靂で総合スポーツ誌「Gold」編集部に異動となる。

戸惑っていても仕事はどんどん降ってくる!  今日は野球場へ、明日はバスケットコート。
競技場ばかりでなく、選手たちの日常のトレーニングやランニング風景も追いかける。
やがて見えてくるオリンピックという、スポーツに関わるすべての人にとっての祝祭――。

人はなぜスポーツをするのか。なぜ自分だけでなく、人がスポーツに打ち込む姿に心動かされるのか。
日々の取材を通じて、自分なりの答えを探す明日香。
そして、かつて共に泳ぎ、夢を追いかけた幼馴染たちが今もオリンピックを目指しているかもしれないと知り……。

『プリティが多すぎる』でティーン向けファッション誌に配属された男性編集者の困惑と奮闘を、『スクープのたまご』で週刊誌編集部に配属された新人女性記者の東奔西走を描いた著者が、オリンピック・イヤーを前に贈る、爽やかなスポーツお仕事小説。

「千石社シリーズ(文春文庫)」作品一覧

(3冊)

641〜1,300(税込)

まとめてカート

総合出版社で文芸部門を志望していたのに少女向けファッション誌に配属された南吉くんこと新見佳孝、26歳。女の子の憧れが詰まった誌面は勝手が異なり失敗の連続だが、先輩編集者にカメラマン、スタイリスト、十代の少女モデルたちのプロ精神に触れながら次第に新見は変わっていく――。舞台裏のドラマを描くお仕事成長物語!

入社2年目の女性編集者が週刊誌に配属された!
殺人事件に、アイドルのスキャンダルに、東奔西走のお仕事小説。

老舗出版社・千石社の入社2年目社員、信田日向子24歳。
体調を崩した同期社員のかわりに、急遽「週刊千石」編集部へ異動が決まる。
「絶対無理!」
怯える気持ちを押し隠し、未解決の殺人事件やアイドルのスキャンダル写真のたれ込みなど、ハードな取材に挑戦する日向子。
日向子は毀誉褒貶かまびすしい週刊誌の仕事に、自分なりの意義を見出していくことができるのか?

週刊文春編集部に徹底取材!
同じ千石社の女性誌編集部を舞台にした『プリティが多すぎる』が2018年10月からドラマ化!
話題のお仕事小説です。

解説・大矢博子

野球もサッカーもとんと知らない私がどうしてスポーツ雑誌編集部に!?
ドラマ化で人気の〈千石社〉シリーズ、次なる舞台はスポーツ誌。

子供の頃にスイミングスクールに通っていたものの、ある事情で遠ざかり、以来スポーツとは無縁で過ごしてきた目黒明日香。
出版社勤務三年目にして青天の霹靂で総合スポーツ誌「Gold」編集部に異動となる。

戸惑っていても仕事はどんどん降ってくる!  今日は野球場へ、明日はバスケットコート。
競技場ばかりでなく、選手たちの日常のトレーニングやランニング風景も追いかける。
やがて見えてくるオリンピックという、スポーツに関わるすべての人にとっての祝祭――。

人はなぜスポーツをするのか。なぜ自分だけでなく、人がスポーツに打ち込む姿に心動かされるのか。
日々の取材を通じて、自分なりの答えを探す明日香。
そして、かつて共に泳ぎ、夢を追いかけた幼馴染たちが今もオリンピックを目指しているかもしれないと知り……。

『プリティが多すぎる』でティーン向けファッション誌に配属された男性編集者の困惑と奮闘を、『スクープのたまご』で週刊誌編集部に配属された新人女性記者の東奔西走を描いた著者が、オリンピック・イヤーを前に贈る、爽やかなスポーツお仕事小説。

「千石社シリーズ(文春文庫)」のおすすめコメント

プリティが多すぎる SS典子(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2018/11/30

女の子はPが好き!

憧れの老舗出版社に就職し、充実した日々を過ごす主人公の新見くん。 働いて数年、いよいよ憧れの文芸部に異動か…という期待に反し、 新たな配属先は「プリティ、ポップ、ピュア、ピピン。女の子はPが好き」が合言葉の“10代の女の子”向け雑誌「ピピン」という未体験ゾーンの編集部。 ピンク、ハート、キラキラで雑多なケバケバしさの何が“可愛い”のかさっぱり理解ができないまま特集記事の企画を任されることに …。 ピピンの編集部がお世話になっている外部スタッフには適当に相槌をうち、 彼自身の“こだわり”がないまま始まった撮影はやはり大失敗してしまいます。 ふんわり可愛いをイメージした服を用意したスタイリスト。 夏らしいパンチの効いた可愛いをイメージして撮影場所をセレクトしたカメラマン。 方向性の違う“可愛い”ではまとまりがなく特集にならない。 出来る範囲で軌道修正を図り何とか初仕事が終わるも自分の不甲斐なさを痛感する。 雑誌を作り出す“裏舞台”の本気に触れ初めて読み手の10代の女の子たちを意識し、 だんだんと仕事に“本気”になっていく新見くんの成長物語。

「千石社シリーズ(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説
ページ数
304ページ (プリティが多すぎる)
配信開始日
2016年6月24日 (プリティが多すぎる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad