電子書籍 きっといつかは幸福寺 マンガ

著: ありま猛 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

きっといつかは幸福寺 (1) あらすじ・内容

人情いっぱいなお寺・幸福寺を舞台に、住職をする春野(はるの)一家がさまざまな人々の悩み事を解決していくハートフルコミック。17歳の誕生日に得度しろとバリカンを持って迫る祖母から逃げていた春野家の次男・俊平(しゅんぺい)は、近所の老婆・フサに匿ってもらう。その後、急に倒れて危篤状態になったフサから「俊平ちゃんにお経を上げてもらいたかった」と言われた俊平は……!?

この作品を共有
  

「きっといつかは幸福寺」最新刊

お寺にとって一番忙しいお盆の季節、檀家を何軒も回ってお経を上げる住職・英道(ひでみち)は、息子達の帰省を心待ちにする老婆・井上(いのうえ)の家に、お布施の入ったバッグを忘れてしまう。その後、バッグを取りに井上家へ行った英道は、電話で長男と次男から帰省できないと連絡が入り、すっかり落ち込む井上を気づかうのだが……!? 困ったときは幸福寺に行きたくなる完結巻。

「きっといつかは幸福寺」作品一覧

(2冊)

各330(税込)

まとめてカート

人情いっぱいなお寺・幸福寺を舞台に、住職をする春野(はるの)一家がさまざまな人々の悩み事を解決していくハートフルコミック。17歳の誕生日に得度しろとバリカンを持って迫る祖母から逃げていた春野家の次男・俊平(しゅんぺい)は、近所の老婆・フサに匿ってもらう。その後、急に倒れて危篤状態になったフサから「俊平ちゃんにお経を上げてもらいたかった」と言われた俊平は……!?

お寺にとって一番忙しいお盆の季節、檀家を何軒も回ってお経を上げる住職・英道(ひでみち)は、息子達の帰省を心待ちにする老婆・井上(いのうえ)の家に、お布施の入ったバッグを忘れてしまう。その後、バッグを取りに井上家へ行った英道は、電話で長男と次男から帰省できないと連絡が入り、すっかり落ち込む井上を気づかうのだが……!? 困ったときは幸福寺に行きたくなる完結巻。

「きっといつかは幸福寺」の作品情報

レーベル
――
出版社
eBookJapan Plus
ジャンル
マンガ 男性向け ビジネス 青年マンガ
ページ数
205ページ (きっといつかは幸福寺 (1))
配信開始日
2014年12月26日 (きっといつかは幸福寺 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad