電子書籍 空白の五分間 三河島事故 ある運転士の受難(講談社文庫) 実用

著: 三輪和雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

空白の五分間 三河島事故 ある運転士の受難 あらすじ・内容

三河島事故の真の責任者は誰か? そのとき電車運転士は、意識がないまま刺戟に応じて行動する「自動人間」ではなかったのか? 160人もの犠牲者を生んだ二重衝突事故をつなぐ五分間の空白に、何が起こったか? 有罪にされた運転士の行動の謎に、そして事故の真相に、脳神経外科医が医学のメスを入れ解明する、ドキュメント力作。

この作品を共有

「空白の五分間 三河島事故 ある運転士の受難(講談社文庫)」最新刊

三河島事故の真の責任者は誰か? そのとき電車運転士は、意識がないまま刺戟に応じて行動する「自動人間」ではなかったのか? 160人もの犠牲者を生んだ二重衝突事故をつなぐ五分間の空白に、何が起こったか? 有罪にされた運転士の行動の謎に、そして事故の真相に、脳神経外科医が医学のメスを入れ解明する、ドキュメント力作。

「空白の五分間 三河島事故 ある運転士の受難(講談社文庫)」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
実用 日本文学 ノンフィクション
ページ数
351ページ (空白の五分間 三河島事故 ある運転士の受難)
配信開始日
2019年10月4日 (空白の五分間 三河島事故 ある運転士の受難)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad