電子書籍 夕暮れ隧道(『霞町物語』講談社文庫所収) 文芸・小説

著: 浅田次郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

夕暮れ隧道(『霞町物語』講談社文庫所収) あらすじ・内容

その夏の僕には、うっとうしい油蝉の鳴声と「ドック・オブ・ザ・ベイ」と、真知子の匂いと、もうひとつ忘れ難い友人がいる。昼も夜も、いつもぼんやりと僕らの後ろにいた二〇歳の同級生鴇田君だ。補修が終わり、学年のマドンナ真知子をやっとの思いで誘い出した恋人岬で偶然に出会った鴇田君たちが、僕らの恋を成就させてくれたのだが……。

この作品を共有

「夕暮れ隧道(『霞町物語』講談社文庫所収)」最新刊

その夏の僕には、うっとうしい油蝉の鳴声と「ドック・オブ・ザ・ベイ」と、真知子の匂いと、もうひとつ忘れ難い友人がいる。昼も夜も、いつもぼんやりと僕らの後ろにいた二〇歳の同級生鴇田君だ。補修が終わり、学年のマドンナ真知子をやっとの思いで誘い出した恋人岬で偶然に出会った鴇田君たちが、僕らの恋を成就させてくれたのだが……。

「夕暮れ隧道(『霞町物語』講談社文庫所収)」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
40ページ (夕暮れ隧道(『霞町物語』講談社文庫所収))
配信開始日
2013年8月9日 (夕暮れ隧道(『霞町物語』講談社文庫所収))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad