電子書籍 目の見えない子ねこ、どろっぷ(講談社) 文芸・小説

文: 沢田俊子  絵: 田中六大 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

目の見えない子ねこ、どろっぷ あらすじ・内容

ある日、つぐみの家に、迷い込んできた子猫は、病気で目が見えなくなっていました。つぐみに、どろっぷと名付けられたその子猫は、命の危機もある大手術をのりこえ、つぐみの家の猫になりました。どろっぷに寄り添い、家の様子を教えたのは、おじいちゃん猫のメイでした。3匹の猫とかかわりながらたくましく生きるどろっぷの姿と、4年生になったつぐみの成長を実話をもとに描きます。

この作品を共有

「目の見えない子ねこ、どろっぷ(講談社)」最新刊

ある日、つぐみの家に、迷い込んできた子猫は、病気で目が見えなくなっていました。つぐみに、どろっぷと名付けられたその子猫は、命の危機もある大手術をのりこえ、つぐみの家の猫になりました。どろっぷに寄り添い、家の様子を教えたのは、おじいちゃん猫のメイでした。3匹の猫とかかわりながらたくましく生きるどろっぷの姿と、4年生になったつぐみの成長を実話をもとに描きます。

「目の見えない子ねこ、どろっぷ(講談社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 児童文学・童話・絵本
ページ数
95ページ (目の見えない子ねこ、どろっぷ)
配信開始日
2018年4月20日 (目の見えない子ねこ、どろっぷ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad