電子書籍 発達障害(ADHD)から知る子育て―――こころの発達を左右する養育(マガジンランド) 実用

著者: 岡田和美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

発達障害(ADHD)から知る子育て―――こころの発達を左右する養育 あらすじ・内容

こころの発達を左右する養育。
子どもを守り、育み、慈しむはずの養育者たちが
不適切な関わり方を続けたとしたら、
子どもの心を傷つけ、成長や精神的な
発達を妨げてしまうのではないか?


私がこの本を書かせていただくきっかけとなったのは、
9年前、当時小学2年生だった子供の家庭訪問で、
担任の先生から言われた一言でした。

「お母さん、本を書かれていませんか?」

先生の、その言葉い驚きつつも、すぐに、
「そうですね。自分の言葉で表現できるようになったら書きたいと思います」
そう答えていました。と同時に、初めて「伝えたい」という自分の気持ちを確認しました。
それからは、「本を書くこと」を気にかけて過ごすことになったのです。

私の長男は中学生の時に発達障害(ADHD)と診断されました。
それまでは、「もしかしたら、そうなのかな?」と感じることがありつつも、
「子育ては楽しいもの」、「楽しむもの」だと思って過ごしていました。
そして実際に楽しい時期もありましたが、そうではない時もあったのです。

いじめのこと、本人が学校に行きたがらないこと、
なかなか宿題をしないことや、思ったように言葉が出ないこと、
落ち着きがないことなど、気になることはたくさんありました。
それでも、ただそれは個性だと、そう思って長男に寄り添うことで一生懸命だったのです。

現在は子育て支援カウンセラーとしてお仕事をさせていただいていますが、
そこにはこれらの経験と、悩んだこと、行動したことのすべてが、
そして前職である中学校講師の経験と、
発達障害について学んだことのすべてが、役に立ってくれています。


本書は「経験から寄り添う」子育てカウンセラーの著者が、
子どもとの接し方に悩んでいるお母さんに
「つながりを大事にする」自分らしい子育てを見出して欲しいと、
自らの経験をもとに、心の在り方、捉え方や対応の仕方などを紹介しております。


■目次

第1章 うちの子、もしかして発達障害
・長男の表情をみつめて
・「少し変わっている?」から考えたこと
・「子育て本」をたくさん読んだけど
・本に書いてあることだけが正しいとは限らない
・長男の発達障害と向き合って

第2章 心療内科の医師から学んだ魔法の言葉
第3章 お母さん、心のケアはできていますか
第4章 発達障害の子育て「シンプルライフ」のすすめ
第5章 学校とうまく付き合うために
第6章 心で育てる発達障害の子育て

■著者 岡田和美

この作品を共有

「発達障害(ADHD)から知る子育て―――こころの発達を左右する養育(マガジンランド)」最新刊

こころの発達を左右する養育。
子どもを守り、育み、慈しむはずの養育者たちが
不適切な関わり方を続けたとしたら、
子どもの心を傷つけ、成長や精神的な
発達を妨げてしまうのではないか?


私がこの本を書かせていただくきっかけとなったのは、
9年前、当時小学2年生だった子供の家庭訪問で、
担任の先生から言われた一言でした。

「お母さん、本を書かれていませんか?」

先生の、その言葉い驚きつつも、すぐに、
「そうですね。自分の言葉で表現できるようになったら書きたいと思います」
そう答えていました。と同時に、初めて「伝えたい」という自分の気持ちを確認しました。
それからは、「本を書くこと」を気にかけて過ごすことになったのです。

私の長男は中学生の時に発達障害(ADHD)と診断されました。
それまでは、「もしかしたら、そうなのかな?」と感じることがありつつも、
「子育ては楽しいもの」、「楽しむもの」だと思って過ごしていました。
そして実際に楽しい時期もありましたが、そうではない時もあったのです。

いじめのこと、本人が学校に行きたがらないこと、
なかなか宿題をしないことや、思ったように言葉が出ないこと、
落ち着きがないことなど、気になることはたくさんありました。
それでも、ただそれは個性だと、そう思って長男に寄り添うことで一生懸命だったのです。

現在は子育て支援カウンセラーとしてお仕事をさせていただいていますが、
そこにはこれらの経験と、悩んだこと、行動したことのすべてが、
そして前職である中学校講師の経験と、
発達障害について学んだことのすべてが、役に立ってくれています。


本書は「経験から寄り添う」子育てカウンセラーの著者が、
子どもとの接し方に悩んでいるお母さんに
「つながりを大事にする」自分らしい子育てを見出して欲しいと、
自らの経験をもとに、心の在り方、捉え方や対応の仕方などを紹介しております。


■目次

第1章 うちの子、もしかして発達障害
・長男の表情をみつめて
・「少し変わっている?」から考えたこと
・「子育て本」をたくさん読んだけど
・本に書いてあることだけが正しいとは限らない
・長男の発達障害と向き合って

第2章 心療内科の医師から学んだ魔法の言葉
第3章 お母さん、心のケアはできていますか
第4章 発達障害の子育て「シンプルライフ」のすすめ
第5章 学校とうまく付き合うために
第6章 心で育てる発達障害の子育て

■著者 岡田和美

「発達障害(ADHD)から知る子育て―――こころの発達を左右する養育(マガジンランド)」の作品情報

レーベル
――
出版社
マガジンランド
ジャンル
実用 雑学 心理学 暮らし・健康・子育て
ページ数
173ページ (発達障害(ADHD)から知る子育て―――こころの発達を左右する養育)
配信開始日
2019年9月27日 (発達障害(ADHD)から知る子育て―――こころの発達を左右する養育)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad