電子書籍 たそがれダンサーズ(中央公論新社) 文芸・小説

著: 桂望実 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

たそがれダンサーズ あらすじ・内容

仕事じゃなくても輝ける、いつもの景色が違って見える

人生後半戦を迎える男たちの、まさかの新しいステージは
おじさんたちだけの社交ダンス!

笑えて、ビターで、ぐっとくる
桂望実の最新書き下ろし小説

今日もスタジオに彼らは集う。
社交ダンスを定年後のボランティア活動と位置づける田中。
モテたい一心の商社マン川端。
苦労人だが踊りは情熱的な工場経営者の大塚。
まるきり初心者の彼らを指導する講師の米山は、
不思議なくらい無気力で――。

でこぼこ道の人生を、歩いてきたから夢中になれる。
中年世代を熱くする、出会いと躍動の物語!

この作品を共有

「たそがれダンサーズ(中央公論新社)」最新刊

仕事じゃなくても輝ける、いつもの景色が違って見える

人生後半戦を迎える男たちの、まさかの新しいステージは
おじさんたちだけの社交ダンス!

笑えて、ビターで、ぐっとくる
桂望実の最新書き下ろし小説

今日もスタジオに彼らは集う。
社交ダンスを定年後のボランティア活動と位置づける田中。
モテたい一心の商社マン川端。
苦労人だが踊りは情熱的な工場経営者の大塚。
まるきり初心者の彼らを指導する講師の米山は、
不思議なくらい無気力で――。

でこぼこ道の人生を、歩いてきたから夢中になれる。
中年世代を熱くする、出会いと躍動の物語!

「たそがれダンサーズ(中央公論新社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
291ページ (たそがれダンサーズ)
配信開始日
2019年9月30日 (たそがれダンサーズ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad